5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【超絶初心者】「メロディから」曲をつくるには

1 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/25(日) 23:42:20 ID:gwiHpnz9
当方超絶初心者ですが、コードから曲をつくるとかではなく、「メロディ・主旋律から」曲をつくり、膨らませる
方法、手順、知識、理論などを知りたいです。


すでにメロディがあるとして、

そのメロディから
音階を知って、コードを付けて、
伴奏を付けたり、アレンジ・編曲したり…というような。




2 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/25(日) 23:47:53 ID:6LZbwDIy
2

3 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/25(日) 23:48:42 ID:ZrqYPKos
要するにメロディっぽいものは浮かんでくるが
伴奏が付けられないと言う事でよろしいか

4 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/25(日) 23:56:56 ID:gwiHpnz9
>>3
まず「メロディにコードをつける」
ということが出来ません。また、メロディ先行のやり方が解説してある本
やサイトなどを見かけないのも難点です。

5 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:04:59 ID:/1p92JtB
正しい「コードの探し方」なんてあるのかな。
みんなけっこう手探りなんじゃないの?

6 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:10:49 ID:JT/WfuPd
>>4
メロディーを作れるのなら、
まず典型的なコード進行を鳴らしながらメロディーを作ってみればいいじゃね?
で、それを譜面にする。
そうするとコードにどんなメロディーが乗るかわかる。
いくつかそれをやって、逆にすればメロディーにコードがつけられるようになるだろ。

ということで典型的なコード進行:
||:C   |Am   |Dm  |G   :||

7 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:19:38 ID:cNUzyy4Q
自分も知りたい。
メロディとかフレーズが思い浮かんでも
それを曲に発展させられないんだよね。
どうしてもリフの集合体みたいなものになっちゃう。

8 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:26:26 ID:uTj5vlAl
回し者じゃないけど、来月のDTMマガジンの特集が役に立つかもしれないぞ。


9 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:36:53 ID:MxeHo2d1
実はメロディを作っている時点で、漠然と頭ん中にはコード進行が出来ているんだぜっと

10 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:39:15 ID:/1p92JtB
コードの探し方は何年経っても進歩しないわ。
歌いながらメロのベース音を含むコードを色々鳴らしてみる。
なれてくれば探してるコードはある程度見当付いてくる。
他のやり方があるんだろうか。

作曲そのものに関しては何だってありだと思うけど。
リフの集合体だって立派な曲だよ。
展開させなきゃって考えは歌謡曲的様式から来る強迫観念に過ぎない。

11 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:49:21 ID:JT/WfuPd
つーか、みなさん俺の提示した方法はスルーなのね。

>リフの集合体だって立派な曲だよ。

リフは大概ペダルポイントとかになってる場合が多いよね。
テンションも含めたコード進行上の共通の音を中心に作る。

>展開させなきゃって考えは歌謡曲的様式から来る強迫観念に過ぎない。

むしろメロディーがコードの展開を要求してるように思うけど。
「ソドレミー、ソドレミー」って繰り返すメロディがあったとすると
一回目のソドレミーはCのコード、2回目のソドレミーはGのコードみたいに。


12 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 00:54:55 ID:g1vzp+Ng
音楽でものを語る必要があるわけでしょ
展開は大事です

伴奏をつけたいならまずは和声に適応させないとね

13 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 01:06:17 ID:/1p92JtB
まあ身も蓋もない言い方をすればそれこそ曲によりけりだろうね。
Verse→Bridge→Choって古典的に展開する曲もあれば
最後まで循環コードでいくものもあるし
反復せずに延々展開し続けて終わる曲もあれば
それこそワンコードの曲だってある。

14 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 01:09:54 ID:JT/WfuPd
アントニオ・カルロス・ジョビンのワンノートサンバでも聴けば勉強になるかな

15 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 06:02:52 ID:bPBIpE6l
一口に超絶初心者と言っても色々だよね
多少なりとも楽器が出きるのか?
多少なりともDTMを触っているのか?
コードを何種類か知っているのか?
でも重要なのはどれほど音楽を聴いてきているのか?
どの様な雰囲気の曲を作りたいのかが抽象的でも良いからイメージ出きる事
思いつくメロディの元となるスケールは今まで聞いて来た音楽が元となるので
それらを自分で解析していけば使われるコードや進行がおのずと見つかっていくと思います

16 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 06:52:10 ID:78Kj3hAh
http://www.youtube.com/watch?v=yF4mvDMZsVw&feature=youtube_gdata

大野愛果/fall apart again(self cover)

17 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 06:59:21 ID:bPBIpE6l
>>1が一般的にポピュラーな曲調で平メロからサビまで一通り作れているのか?
もしくはメロディの断片がパーツで浮かぶのか?によって違うしね
前者だと多少勉強すればやれていくと思うし
後者だとまずは曲を完成させる力を身に付けないと駄目だしね

18 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 07:57:57 ID:HTbXdevS
レスありがとうございます。

>>15
>多少なりとも楽器が出きるのか?コードを何種類か知っているのか?
エレキをやってましたが、XJAPANのコピー程度で、音楽的な知識や技術や素養はほぼ0です
コードの知識もほぼ皆無です
>多少なりともDTMを触っているのか?
思いついたものをベタ打ちするだけなら…
>どれほど音楽を聴いてきているのか?
ゲーム音楽やクラシックを広く浅くといった感じです

>>17
>一般的にポピュラーな曲調で平メロからサビまで一通り作れているのか?
「ポピュラーな曲調で平メロからサビまで」…というわけではありませんが、
ゲーム音楽調の曲のメロなら一応は少しだけ…
>メロディの断片がパーツで浮かぶのか?
これはよくあります


19 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 08:03:40 ID:HTbXdevS
>>6
「コードからメロをつくる」練習は、
「メロからコードをつくる」ためには、やはりどうしても必要なのでしょうか?

20 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 08:19:44 ID:JT/WfuPd
>>19
やりたくなければやらなきゃいいんじゃない?
別に誰も君にそうして欲しいわけじゃない。
君一人がマトモな曲作れなくったってこの世界で君以外誰も困らない。

21 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 08:22:05 ID:3TXnBn0L
コードから作るの苦手な人もおるよ


22 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 09:18:11 ID:bPBIpE6l
ネタ臭いけどwもうちょい付き合おう!
ぶっちゃけ作曲と言っても必ずしもコードや伴奏は必要だって事は無いしね
独唱の為に作曲したって良いし
HIPHOPなら多少のハーモニーを無視する事だってあるし
ミニマルテクノならコードなんてほぼ要らないし
要は君がどの様なタイプの曲を作るかによって必要な知識は変わってくる訳だ
まだメロディの断片が浮かぶ段階ならば、それらモチーフを並べてたり発展させてまずはメロディを完結させる
コードを付けるよりもまずはメロディの構成を!

23 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 09:44:07 ID:HTbXdevS
>>22
レスありがとうございます。

>どの様なタイプの曲を作るかによって必要な知識は変わってくる
つくりたいのは、ゲーム音楽風の曲です
ゲーム音楽といっても、植松、イトケン、光田のような、かなりの音楽知識・理論が必要とされるであろう曲です。

>まずはメロディを完結させる
音楽理論的に見たら支離滅裂でもよい、ということであれば、完結(?)している曲は結構あります
 

24 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 10:14:45 ID:bPBIpE6l
>>23
はい!大分見えてきましたね!
作りたいのは
かなりの音楽知識・理論が必要とされるであろうゲーム音楽風の曲
で、現状は
音楽理論的に見たら支離滅裂だが完結していると思われる曲
であるから問題は
音楽理論的に見たら支離滅裂な所
なので解決方法は
・かなり幅広く音楽を聞く
・かなり理論を勉強する

で、終わってしまうのもあれなんでw
コード主体にした理論書買ってスケールを勉強、自分の曲のメロディを拾ってスケール探すとか
好きな人の曲のコードを拾ったり構成を書き出したりして分析すれば良いんじゃない?



25 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 12:38:59 ID:oC4QRi13
まずはうp。話はそれからだ。

26 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 14:44:24 ID:a5WhAqgm
>>1
キー(調)とダイアトニックコードが理解できてないんじゃないかな。
そこが理解できるといくらでも曲作れるようになるよ。

27 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 15:23:25 ID:g1vzp+Ng
>>1は楽譜は読んでるだろうか?
楽譜を見ながら曲を聴いた事は?

28 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 19:46:10 ID:HTbXdevS
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org841254.mp3.html
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org841256.mid.html
passは321

とりあえず、1つの楽器で単純なフレーズを繰り返すだけの曲をupしてみました
不協和音など色々聞き苦しいところもあるかと思いますが、御了承下さい…


29 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 19:54:20 ID:HTbXdevS
>>26
そのあたりを学習出来るお勧めの本などはありますでしょうか?
勉強してみたいです。

具体的にはどのように活用するのでしょうか?
>キー(調)とダイアトニックコード

>>27
楽譜はあまり読めません…
楽譜を見ながら曲を聴いた事も無いです…

30 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 20:36:12 ID:VI4QDZwp
>>29
じゃあ、暇なんでキーについてだけ特別に。

まず音階をドレミファソラシドと覚えてるとおもうけど、本格的な音楽をするのにこの音階名はあまり使いません。
西洋の音階記号を覚えてください。Cからのアルファベット順に覚えればOK。
C(ド)、D(レ)、E(ミ)、F(ファ)、G(ソ)、A(ラ)、B(シ)

もしくは、クラシックなんかは日本の音階記号を使うことも多い。
ハ(ド)、ニ(レ)、ホ(ミ)、ヘ(ファ)、ト(ソ)、イ(ラ)、ロ(シ)

まずは、この2つはしっかりと暗記すること。

で音階には全音階と半音階があります。
全音階と半音階、これも重要だからしっかり覚えてください。

31 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 20:56:09 ID:VI4QDZwp
続き

全音階と半音階て何かっていうと、まずは下の黒丸と白丸がキーボードの鍵盤だと思ってください。

 ● ●  ● ● ●
〇 〇 〇〇 〇 〇 〇
ド レ ミファ ソ ラ シ

こう見ると、ドとレの間には黒い鍵盤(ド♯)がありますね?このとき、ドとレの関係は全音階、ドとド♯の関係は半音階といいます。
一度、キーボードでド、ド♯、レと順番に弾いてみてください。ドからレに向かってちょっとずつ音階が上がっていったでしょ?
ド♯の半音階とは言葉の通り、ドとレの半分だけ音階が上がるということです。 

32 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 20:57:25 ID:VI4QDZwp
面倒くさくなったので以下バトンタッチ↓

33 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 20:57:58 ID:HTbXdevS
>>30
ありがとうございます
なるほど、わかりやすいですね

34 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:09:01 ID:g1vzp+Ng
>>29クラシック音楽は聴くのでしょう?
ピアノ曲ならピースで容易に手に入るから、
ハ長調の読譜難度の低いやつ(発表会向けの曲とか)を一枚買ってきて
音に合わせてじっくりと聴いてみてごらん。

音楽は全体で聴くものですよ
つけようという感覚でなく表わそうという感覚の方が正しい
楽譜はまともに読めなくても音の配置だけでも参考になるよ

35 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:13:28 ID:VI4QDZwp
じゃあ、もう1講座だけ。

もう1度鍵盤をみてください。あれ?ミとファの間とシとドの間だけ黒い鍵盤がありませんよ?
これはどういうことかというとミとファの間とシとドの間だけは最初から半音階なんです。
つまりドレミファソラシドの音階は

ド→全音階→レ→全音階→ミ→半音階→ファ→全音階→ソ→全音階→ラ→全音階→シ→半音階→ド

という全音階と半音階の組み合わせからなっているんですね。
この全音階と半音階の組み合わせの順番を応用すればレから初めても、ファから初めても、ソから初めてもドレミファソラシドと同じメロディが作れます。
例えば、レから始めると、
レ→全音階→ミ→全音階→ファ♯→半音階→ソ→全音階→ラ→全音階→シ→全音階→ド♯→半音階→レ
となります。
1度、レ、ミ、ファ♯、ソ、ラ、シ、ド♯、レと鍵盤で弾いてみてください。
ドレミファソラシドと同じメロディになっているはずです。

以下、バトンタッチ↓


36 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:25:56 ID:g1vzp+Ng
全音全音半音全音全音全音半音の順を
長音階と言います。

ハ長調(Cメジャー)とかト長調(Gメジャー)とかは
何で始まっているかによります

では次はイから指を滑らせて右に行ってみましょう。
ラシドレミファソラ。
長音階と比べてなんか悲しいですね。
この時の音は全音半音全音全音半音全音全音になっていると思います。
同じ手順で今度はハから始めてみましょう。
やっぱり似たような感じに悲しくなると思います。
ドレミ♭ファソラ♭シ♭ド
これを短音階と言います。

イ短調(Aマイナー)もしくはハ短調(Cマイナー)

ところでこういうのを延々と書いていくの?
楽典とか見ればわかりそうな事を

37 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:31:41 ID:YefwRh01
>>1
猫ボタン一発でできる
こちらへどうぞ

【PG】BAND IN A BOX part6【愛しの猫ボタン】
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/dtm/1251959361/

38 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:40:58 ID:g1vzp+Ng
音階といっても色々種類があります。
和声を組み立てるのに使う和声的長・短音階
旋律を組み立てるのに使う旋律的長・短音階
さっき説明した自然的長・短音階
この辺はまだ忘れてていいです。調べたければググってください。

では次はカデンツについてご説明します。
T/S/Dというのをどっかで見たことがあると思います。
Tとはトニック=主音といいます
Dとはドミナント=属音と言います
Sとはサブドミナント=下属音と言います
TもSもDも「役割」です
お父さんお母さんあなたお姉ちゃんポチみたいなもんです

39 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:50:41 ID:g1vzp+Ng
ドレミファソラシドで考えてみましょう
ドレミファソラシドの八つの音をそれぞれ置き換えると

ドが主音=Tになります
ファが下属音=Sになります
ソが属音=Dになります

ちなみにレを上主音、ミを上中音、ラを下中音、シを導音と言います
この4つもさっきのTSDのどれかに近い働きをしますが
別に気にしなくていいです

属調とか平行調とかいう言葉を見る事もあると思いますが
これも別にまだ気にしなくていいです

大事なのはTから始まったらSかDを経過してTに戻るのが音楽の
基本的な流れだと言う事です



40 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 21:55:49 ID:g1vzp+Ng
かえるのうたを考えてみましょう。
どれみふぁみれど みふぁそらそふぁみ
どどどど どどれれみみふぁふぁみれど

ドではじまってドで終わってますね。
ミから始まったらミで終わってますね。
概ねそういうもんだと思いましょう。

41 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 22:07:01 ID:g1vzp+Ng
ばいばいさるさんって言われそうなのでここまでにします。

楽譜は読んでみてね。

42 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 22:24:05 ID:HTbXdevS
丁寧な説明、ありがとうございます。
m(__)m

欲を言って申し訳ないのですが、(初心者に)お勧めの書籍などはありますでしょうか?
>キー(調)とダイアトニックコードの学習

43 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 22:32:19 ID:VI4QDZwp
>>42
それくらいのレベルのことなら、
インターネット検索してれば分かりやすく説明したサイトかなりあるよ。
ググッてみなされ。

44 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/26(月) 22:34:31 ID:VI4QDZwp
というかキーくらいのことなら、中学の音楽の教科書でも読んでた方が分かりやすい気がしないでもない。


45 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 13:38:15 ID:JbGlIksA
メロが先にある場合は先にベースを決めてく方が楽じゃない?
メロを真剣に集中して聞いてるとベースの音は脳内で聞こえてくる。
もちろんコードも聞こえるんだろうけど、
脳内からPCにデータ変換する間に構成音がわからなくなってしまう。
その点、ベースは単音だからコードのように構成音に悩ませる事も無いしさ。
もし脳内でどうしても聞こえないんならループさせて鍵盤で探してくのが早いと思うよ。
そして、メロとベースが先に決まると自ずとコードも限定されてくる。
メロだけの時よりもコードを乗せるのが楽になるし、時間もグッと早くなる。

46 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 18:56:14 ID:rxWMPM7C
そんなに一生懸命質問し捲くって、どうせ作るのはボーカロ曲とかゲーム曲の出来損ないなんだろ?
しかも一番面倒臭い部分をタダで教わろうなんてムシが良過ぎる
書籍が欲しいなら楽典で十分だし、手取り足取り教わりたいなら学校行け学校
金が無くて学校が厳しいなら新聞配って学費出してもらえ
そうじゃなくてもそれ位の根性と努力は会得には必要

努力もしないで他人の知恵を頼りに事を得ようって
音楽に限っては絶対ムリ

47 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 19:00:33 ID:ZYauHzUJ
>>28
何で単音じゃ無いの?w
しかも自分で和音って言ってるしw


48 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 19:17:59 ID:ZYauHzUJ
まあ>>28が今の一押しなんだったら曲に発展させようよ
別のメロディと組み合わせた方が良いのか?音色はこれが良いのか?リズムをつけたいのか?展開が有った方が良いのか?
やはり君がこのモチーフをどの様な曲にもっていきたいのか?が重要だと思う


49 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 19:39:04 ID:BuWut95v
なぜわざわざスレ立てたか疑問だけど
>>46の言うとおり音楽に必要なのは根性
みんな手探りでやってんだから

50 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 20:21:28 ID:eLzZv9dp
教わった事も自分から学んだ事も
実践に移せるだけの行動力
いくらオススメの本と言ったところで
単に読むだけでは身につかないもの

だから楽譜を読んでみる。弾いてみる。打ち込んでみる。聴いてみる。
先人の知識に頼るというならそういうところから実行していかないとね
真面目に学ぶだけの向上心があるのなら
今ある教則本理論書の類を何を読んだって身につきますよ

自然と伴奏のつけかたもわかるよ

51 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 21:07:19 ID:byYXf+lV
【超絶初心者】向けということなら、
まず、メロディを白い鍵盤だけで作る。(Key C か Key Am)
あとは、C Dm F G Am の5つのコードを1つずつ
メロディと一緒に鳴らしてみて一番合うのを選べばいい。
たったの5つだから大した手間じゃない。

これできちんと1曲作れたら【超絶】は卒業。

52 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 21:50:25 ID:g8gxkcLV
楽典について色々調べてみましたが、「楽典―理論と実習」という本が
評判がよいらしいですね。購入を検討してみます



53 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 22:29:14 ID:nTdpK7a8
都合の悪い、めんどくさい事には答えずにスルー。
で、「この本が良さそうなので買ってみようかなぁ」か。

54 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 22:50:08 ID:XmH/o2dq
究極初心者スレやいい歳こいて作曲スレなんかと全く同じ流れだな。
こんなとこで聞いてまわる時点で時間の無駄。

55 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 22:58:16 ID:g8gxkcLV
>>46 49 50
やはり相当の努力と根性は必須ですよね… 

>>45
>メロとベースが先に決まると自ずとコードも限定されてくる。
メロだけの時よりもコードを乗せるのが楽になるし、時間もグッと早くなる。

なるほど。ベースをのせるとコードがより見つけやすくなるんですね。参考になります。

>>48
基本のメロは、あえてこの単純なフレーズの繰り返しのままで、
キー(調)とダイアトニックなどを用いて音に厚みを持たせたい、という感じです。
例えば、基本のメロはフルートで、バックにはストリングスを流す、など
(今の自分の力ではまだまだ無理そうですが…)








56 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/27(火) 23:30:16 ID:hq9WmIrP
インスピレーションに任せてメロディーにきれいなハーモニーをつける。
自分はこれしかやってこなかった。

57 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 00:08:32 ID:JVEo37zt
折角なのでコードの勉強などしないで曲づくりに挑戦して見て欲しい。
しかし、伴奏させようとおもうと合うコードを探す必要がある。
そこで、知識ではなく、機械でやらせるのは。
コードを認識するキーボードやシーセンサを使ってコードを吐かせるというのではどうだろう。
コルグのPaシリーズ、ヤマハのQYシリーズ、安キーボードのポータトーンとか。メロディーの1小節とか、半小節を押さえる(1、2音抜かす)とかして合うコードを探していくのはまだできるのではなかろうか。
QYシリーズの中古なら5000円位から買えるし。
ぜひ、新しい道を探して見てくれ。楽ではないと思うが。

58 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 00:18:51 ID:227o5mE2
>>55
キーを用いても音に厚みは出んぞ。
キーってそういうもんじゃないし。
あんだけ分かりやすく教えてもらいながら、なんじゃそりゃって感じなんだけど。

59 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 01:56:20 ID:VIk3++tc
>>55
転調と移調という概念があります。

その曲の主となる調=主音(=トニック)を用いた調から
別の音を主とする調に置き換える事を言います

転調とは曲の途中に一時的に別な調に置き換える事。
移調とは曲の調をそっくりそのまま別な調に置き換える事を意味します

ハ長調ではドレミファソラシドで、主音はドになるけれど
ニ長調ではレミファ♯ソラシド♯レで主音はレになります。

メロディや和音の展開を、こうした要素に絡めて展開する時、
その音楽は「調性がある」と言います。

調とはこうした音楽そのものの雰囲気のようなものだと思って下さい
実際にドレミファソラシドとレミファ♯ソラシド♯レでは
同じように聴こえても、かなり雰囲気が異なっているのがわかると思います

60 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 10:46:38 ID:LFvaCO1t
>>58
例えばメロを先につくった場合、
とりあえず1小節目はどのキー(調)なのかを探る

1小節目はハ長調だと判明する

ハ長調の中から、先につくったメロに合った和音・フレーズ、伴奏をつける

音に厚みを出せる

こういうことだと思っていたんですが…
トンチンカンなことを言ってたらすみません

61 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 10:59:00 ID:LFvaCO1t
>>59
丁寧な説明、ありがとうございます

>>57
コードを認識させることの出来るキーボードがあるんですか、ちょっと驚きです
>コードの勉強などしないで
コードの勉強をした場合でも、例えば「コードの勉強はしたけれど、この個所に合うコードがどうしても見つからない(適切なコードがつけられない)」
といった場合などには役立ちそうですね。メロにコードをつける作業は、上級者でも難しいと言いますし

62 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 11:51:29 ID:227o5mE2
>>60
ちょっと初心者も過ぎるな。
キーは小節ごとにコロコロ変わるようなもんじゃないよ。
よく楽譜の頭のト音記号の後に♯や♭ついてるじゃん。あれは、この曲のキーはこれですよ、と指定してる訳。
最初に指定されたらその曲通して、ずっとそのキーなの。
転調した場合は、また別の話だけど、そのレベルでいきなり転調なんてできやしないからそれは置いとく。
例えばカエルの歌はハ長調で
ドレミファミレドミファソラソファミ
だけど、これをニ長調にすると
レミファ♯ソファ♯ミレファ♯ソラシラソファ♯となって、まったく同じ旋律ができるでしょ。
よくカラオケで「一音下げる」とか「半音上げる」とか、「高い声でないからキー下げる」とか言うじゃん。
これはそういうこと。
ハ長調と最初に決めたらハ長調。ニ長調と最初に決めたらニ長調。
分かるかな?まぁ小学校の音楽の教科書から勉強し直した方がいいよ。本当に。

63 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 16:20:33 ID:LFvaCO1t
>>62
説明ありがとうございます。
しかしそれは、
まずキーを決める→そのキー内のメロで曲をつくる というやり方であって、
まずメロをつくる→つくったメロが(全体を通して)どのキーに当てはまるのかを探る(途中で転調したりしていないかもチェックする)
という、「まずメロから曲をつくっていく」というやり方ではないのでは?

まずメロから曲をつくっていく場合は、例えばサビで転調したり、という可能性もあるわけで…
転調の入った曲の場合だと難易度が格段に上がってしまうのは確かですが、
やはり「まずメロから曲をつくっていく」というやり方で曲をつくっていきたいので…

そうなると、やはり「メロにキーを当てはめていく」という作業が必要になると思うのですが、
流石に小節ごとにその作業をやっていくのはやはり間違いでしょうか?
先につくったメロを全体を通してざっと聴いてみて、「よし、この曲はハ長調だな。サビでは転調してるみたいだな」みたいな感じで当てはめていくのでしょうか?


色々と的外れなレスになってしまっていると思いますが、御了承下さい…

64 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 17:16:04 ID:227o5mE2
いや、いいたい事は最初から分かってたんだが、違うんだ。
普通はいくら音楽知識がないと言っても、キーとスケールくらいのことは知ってからメロディ作るもの。
というかキーを勉強したら、いやでもキーに縛られることになるし、
キーのことを勉強してなくても、なんだかんだ調性が体に染み付いてるから不思議とキーを外してはいないもの。
余計なこと考えずに勉強すればいいねん。
わざわざ一小節ずつキーを確認してくなんて、馬鹿げてるってことが分かってくるよ。

65 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 17:25:26 ID:ChcokSkV
どうでもいいからあげんな

66 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 18:34:34 ID:JA+Hsk4j
気持ちは分からんではないけど、素振りや走り込みだと思って
コード進行に対してメロディ書くトレーニングすべきだと思うけどねぇ…。

メロディを絶対視するような発言を見たり聞いたりしてのこの状況だとは思うけど
そういうのは一定以上の楽器演奏経験あってのメロディ先行だろうし。

67 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 18:41:13 ID:Myv1ukwS
小節ごとにキーが変わってるかもしれない!
というメロディが自然にでてくるなら、ある意味すごい才能の持ち主だと思う。
普通に生活して耳に入ってくる程度の音楽になじみがあるのなら、
浮かぶメロディも大抵は決まったキーのメロディになってるんじゃないかな。

なんにせよ、やる前から効率いい学習法を求めて立ち止まってるぐらいなら、
市販のコード本を何冊も読み込むとか、
たくさん楽譜を見て音を出したり、コード分析したりした方がいいと思う。
結局質より量だと思うな。

確かにコード進行にあわせてメロディをつけさせるような作曲本が多いけど、
コード進行のバリエーションを覚えたり、コード理論を学べば、
それなりにコードを当てはめる能力も身につくでしょう。

68 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 19:16:49 ID:njorgDaT
>>1
なんか手順とか方法論に拘り過ぎてるね
こんなところで聞いても時間の無駄だから自分で調べなさい

>>67
>結局質より量だと思うな。
これはどうかと思うけどな
目的もなく漠然と作業的に量をこなしても身につかんだろ


69 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 20:03:13 ID:LFvaCO1t
>>64>>66>>67
まずは勉強して慣れろ、ということですね
ちなみに、キー(調)の勉強を楽典などを通して行うのと、
コードの勉強、優先順位的にどちらから始めた方がよいと思いますか?

70 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 20:22:14 ID:cQUQ7L6m
効率的な方法じゃないと負けた気がするとかそんな感じ?
決まったやり方があるわけじゃないし
どれからはじめても最後は全部やることになるんだから
適当に作曲サイト巡って大雑把に把握してきなよ
全く面倒くさい人だね

71 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 21:12:03 ID:Myv1ukwS
>>69
 自分がいいな(とっつきやすそうだな)と思った方。

72 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 21:28:29 ID:cCHbddGq
適当に作って
俺の曲って無調なんじゃね?とか思いこまないようにな。

無調音楽は調性音楽を学んでからでないと扱えないシロモノ
適当に作ったところで必ずそこに調性はある
出来不出来の問題になるだけだ

73 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 22:35:22 ID:227o5mE2
>>69
キーなんて基礎中の基礎中の基礎中の基礎だよ。
まずはキーが分かってないと話にならんと俺は思うよ。
まぁ勘がよければ2時間もあればマスターできるでしょ。

74 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/29(木) 22:43:54 ID:LFvaCO1t
>>71>>73
ありがとうございます
まずはキーから勉強してみることにします

75 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 11:20:31 ID:B6lYzLc7
キーについて勉強、という言葉に物凄い違和感を感じるなぁ。
勉強するような内容、あるか?w

76 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 11:49:39 ID:GKyX9ykg
本当に何も知らないし分からない状態なんだ
キーとかコードとかってのがもの凄く難しいものだと思ってる
だから勉強するに当たって準備万端にしておこうともの凄く気合を入れてるんだ
エベレストに挑むのと同じくらい野心的で挑戦的な試みに対して
どんな小さなことでも摘み上げて確認していくことが大事なんだ


と翻訳調で解説してみたw

77 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 13:36:04 ID:FxvSuiD0
>>75
まずキーやコード進行を決めてからメロをつくるというのではなく、
メロから曲をつくるということに拘るのであれば、
身に付くまでにはそれなりの時間はかかるだろうと思うのですが…
移調・転調・調の判定なども勉強しないとですし

78 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 14:21:19 ID:EGvbsmVW
判定つーか、キーってそんな判定が要るような難しいもんじゃないよ。
メロディの中のどこに♯がついててどこに♭がついてるかざっと見てけば、アホでも分かる。
散々みんなから言われまくって、反抗したいのかも知れないけども。
なんだったら、全部、白い鍵盤だけのハ長調で作っちゃえばいいんだよ。
>>62じゃないけど、ハ長調で作ったメロディを一音上げればニ長調、二音上げればホ長調。そんだけの話。
どの調で作ってもメロディーは同じ。まずはハ長調で作っておいて、後から音域合うように調変えてやればいいだけの話。

それから、素人がメロディー作って、知らない間に転調してたなんてことは、まずない。断言する。
クラシックばかり聴いてたとかなら話べつだけどもね。
普通のポップヤロックのヒット曲や、音楽の授業で歌う曲も、転調なんて使ってない曲がほとんどだからね。
自然と単一の調でメロディー作れるように体に染み付いてるんだよ。


79 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 14:29:23 ID:yWhiV4qf
アホカ。
転調なんて普通に起こる現象。
普通に作ってもメロの継ぎ目でなってる

80 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 14:36:07 ID:5lCl3hAT
>>普通のポップヤロックのヒット曲や、音楽の授業で歌う曲も、転調なんて使ってない曲がほとんどだからね。

ポップヤロックとは何か知らんが、ポップスやロックと仮定して
転調なんて使ってない曲がほとんどという部分には大変違和感を覚える
それにメロ先行で作る場合なら、部分的を含め転調してることなんて普通にあるだろ

81 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 15:00:01 ID:B6lYzLc7
やー、コードのつなぎ方の結果転調が起こるのであって、転調についての勉強ってのはコードプログレッションの勉強のうちでしょ?
楽典的な、キー、調についての勉強なんてたかがしれてるじゃないか、って言う意味ね。
だから違和感を感じるって言ったのさ。

「調」についての勉強で、転調の事は出てこないから覚えられないよ!といいたい。

82 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 15:20:00 ID:FxvSuiD0
>>81
>楽典的な、キー、調についての勉強なんてたかがしれてる
その「たかがしれてる」部分の、基礎の基礎(キー(調)以外の部分も含む)を、まずは楽典を読んでおさえておこうと思ったのですが…
自分の購入した楽典には、転調移調の説明もありましたし…
その後(楽典を一通り読み終わった後)、コードの勉強に入りたいと思っています

レスを見ると、学習の順序はさして重要ではない(どうせ全てをおさえなきゃならないから)ようですし

83 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 15:56:39 ID:B6lYzLc7
>82
楽典に載ってる転調、移調って、「こういう記号があったら転調です」「移調するときはこうします」だけでしょー


煽る意思はないのだけど、煽りっぽく聞こえたらごめん。簡潔に言うと、

・楽典に作編曲の仕方は全く載ってないので、さっさと覚えて次に行け
・とはいえイロハなので覚えとくのは必要と思うけど、三日も読めば全部覚えるだろ。さっさと読破しろ

84 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 16:14:22 ID:EGvbsmVW
>>79 >>80
マジか? 俺が作曲始めたときも>>1と同じように
何も知らずにメロディーから作ってたが、全部不思議と単一の調で出来てたぞ。
モーダルインターチェンジで1小節だ違う調のコードとかはあったが、それは転調とは言わんでしょ。

85 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 16:18:31 ID:EGvbsmVW
突っ込み厳しいんで訂正
1小節だ→1小節だけ

86 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 16:51:05 ID:5lCl3hAT
>>84
そりゃ転調しない曲だって山のようにあるだろ
誰もそれが全てだなんて言ってない
>>普通のポップヤロックのヒット曲や、音楽の授業で歌う曲も、転調なんて使ってない曲がほとんどだからね。
というのは違和感があると言っただけ
それにメロ先行でも頭の中で考えて作るのと
ふとメロが降ってくるのはまた別もんだろ
どちらにしろおまえさんの頭ん中まで知るかよ
一曲通して、ひとつの調でしか完成出来ないのは
メロを作るのに大きく可能性を狭めると思うけど
別に転調する曲が偉いってワケじゃないし好きにしろよ

87 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 17:01:13 ID:EGvbsmVW
>>86
>そりゃ転調しない曲だって山のようにあるだろ
誰もそれが全てだなんて言ってない

いや、そんなとこ誰も突っ込んでない。
しかし2ちゃんねらって、なんでいちいちそう人を小馬鹿にした言い方するんかね?



88 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 17:03:00 ID:rWiZjBgp
部分転調ならニコニコの作曲講座でやってた気がします><
自分はまだ全然うまく使えませんが><。

89 :79:2010/04/30(金) 17:25:47 ID:yWhiV4qf
>>84
それはTの重力に逆らおうとしていないから起こる現象。

俺が言いたいのは、転調は常にどこにでも起こりうるということ。
それを曲中で掲示するのかしないのかは、作者の自由。

90 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 17:38:05 ID:EGvbsmVW
>>89
それは良く分かるけど、
俺が言いたかったのは、キーもコードも知らない素人は、意識しない限り
耳になじんだそのTの重力ってやつに自然と吸い寄せられちゃうんじゃないかな、ということ。

まぁ、すごく意義の無い言い合いだと思うからどっちでもいいんだけど。


91 :名無しサンプリング@48kHz:2010/04/30(金) 20:38:06 ID:knKLMj7m
お前ら言い争うのなら口先だけじゃなくて実例で示せ

起きてる起きてない起きてる
それだけで何の勉強になるんだよ

92 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 22:07:24 ID:zwETJHys
実例なら、俺が小学校でやった初作曲では無意識に転調していた。
まわりの奴と似た曲にしたくないという意識があって、その結果C→Fになった。
ハ長調が条件だったから再提出になりましたとさ。チャンチャン

93 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 22:27:42 ID:5NS0TDap
初心者に「ピアノの白鍵だけで曲をつくれ」っていったら、単一調になるだろうけど、
自由なメロディをつくれ、っていわれたらそうはならないこともあるやね。

意外と、ポップスを聞いてる人ほどナチュラルに転調感覚が身についてる気がしないでもない。

94 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 22:32:00 ID:+SSKs8fH
植松さんとか、意外な所で転調してる曲とかあるよね。
バンドだと、凛として時雨なんかは転調が多い。

95 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 23:03:59 ID:WWvfKroz
>>90だけど、そういや平行調への転調も転調って言うなぁ。
それ、さっきハッと思い出した。一応>>79 >>80に謝っとくわ。
平行調も含めたら転調してる曲なんていくらでもあるわ。
普段平行調の転調は転調と意識してなかったから、すっかり忘れとった。
まぁそれでも平行調なら、一小節ずつキー確認してくなんてことしなくていいと思うけどね。


96 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 23:11:32 ID:8TIYH1eS
転調は起こる現象というか
起こすべき現象ではあるが

>>1はどこいったの?

97 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/01(土) 23:27:09 ID:TjTBmCFL
>>1どころか他のやつもすぐいなくなるから安心しろ

98 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 10:59:41 ID:S6vL69xx
そうなの?
自分もこのスレに書き込もうかと思ったのに…

99 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 14:05:35 ID:ySdw05y4
1です
>平行調なら、一小節ずつキー確認してくなんてことしなくていいと思うけどね
本には「『調(キー)の判定』が出来るようになるには、それなりの時間と労力が必要」みたいに書いてありましたが、
一度慣れてくれば、自分のつくったメロ全体をざっと見渡してみて、
「この曲の調(キー)は○○だな。サビでは転調しているな」
みたいに(並行調なら)わかるようになる、ということでしょうか?



100 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 14:33:24 ID:KmYtLOO5
>>99
つか、平行調って意味分かってるかな?
せっかく教えてくれた人に本どうこうで反論するんじゃなくて自分でやってみろっていうの。
みんなが言ってること分かるから。
ここの人たちはみんな自分でやってることを言ってるの。分かる?
つか普通に曲演奏した経験ある人なら、当然キーのことも分かってるから「キーとはこういうことです」って知識として知らなくても、
よっぽど変化を意識しない限り平行調以外の転調となることは滅多にない。
あなたみないに演奏したこともろくにないのに、作曲しようなんて音楽なめてる人の方が珍しい。

101 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 14:41:11 ID:ySdw05y4
>>100
いえ、反論するつもりとかは全く無かったのですが、
そのように感じさせるレスをしてしまったのならすみません。。
m(__)m



102 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 14:51:32 ID:ySdw05y4
>演奏したこともろくにないのに
コピーバンド(ギター)なら数年だけならやっていました
しかし、ただタブ譜をコピーしていただけで、理論・知識はほぼゼロです
素人が作曲なんて間違ってると思われるのももっともですが、基礎の基礎から地道に精進してゆきたいと思います…

103 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 15:04:52 ID:Ecaw4qJb
>>101
>>100は全く参考にならんから無視していいよ
意識しないでも転調することなんていくらでもあるだろ
演奏した事ろくにないのはどっちだよw

104 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 15:08:31 ID:KmYtLOO5
だから順序として先走らずに、しっかり勉強してからね。
自分は演奏から入ったから、最低限キーとスケールのことは分かってる状態で作曲始めたんで、
あなたの今の悩みは理解できそうにない。
でもキーやスケール勉強すれば、まずはキーを決めてそのスケールでメロディ作るってことになるからいちいち一小節ずつキー確認する必要はなくなるよ。
変化意識して一小節だけシャープやフラット付けたり戻したりしても、それは同一キー内での部分転調とかモーダルインターチェンジとか言われるもので、キーが変わってるってことじゃないし。
スケール分かってたら、意識してスケール変えないと平行調以外の転調なんてしないから。

105 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 15:23:10 ID:2I7mova+
これから曲を作っていこうという段階で理論をガチで理解する必要なんてないよ。
コードとスケールを定石として知っておく程度で十分だ。
理論なんてのは他人の作った曲を自分なりに解析していく課程で徐々に理解できるものだ。

106 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 15:23:47 ID:KmYtLOO5
>>103
まぁどういう曲演奏してたかにもよるがな。
ただ話の出発点は「一小節ずつ」キー確認してく必要があるかどうかってとこだからな。
あんたは一小節ずついちいちキー確認するの?

107 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 15:26:59 ID:KmYtLOO5
>>105
ジャンルにもよるが、それは同意。

108 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 19:17:49 ID:qbNEkkIR
「こんなとこでうだうだやってないで適当な本買って勉強しろ」
とみんな思ってるはず

109 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 19:52:18 ID:ySdw05y4
>>105
なるほど、他の人が作った曲の解析はやはり重要なんですね

>>108
本を読んで基礎の基礎から学んでいっているところです
そのため、レスをする頻度が極端に少なくなってしまうこともあるかと思いますが、ご了承下さい…
m(__)m




110 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 20:21:12 ID:syM89bX7
ところでここの>>1って
オケスレで初心者だけどオケ作りたいんだけどって言って
皆さんを困らせた人と同一?

111 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 20:43:26 ID:ySdw05y4
>>110
少なくとも自分は「オーケストラ」を作ろうとは現時点では思ってないです
作りたい音楽のジャンルはゲーム音楽的なものです

112 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/02(日) 20:47:30 ID:KmYtLOO5
まぁ何にしても努力は必要。
勉強してないうちから下手に色んな人の意見聞くとこんがらがっちゃうから、
最低限の知識ないうちから色々考えすぎない方がいいよ。
がんばってね。

113 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 20:26:27 ID:Kjz+lwB1
意識しなくても転調してることあるとか言ってる人って、
スケースも知らずに作曲してるの?

114 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 20:29:21 ID:Uqm7zKz1
スケース?
スケースは知らねえな

115 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 21:05:04 ID:AdWA1ba/
氷の上で滑ってるだろ浅田真央とか

116 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 21:10:03 ID:JFVRTKLg
(ry

117 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 22:29:49 ID:Kjz+lwB1
どんな反論きてるかと思ったら誤字か。
社会性のないおっさんたちw

118 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 22:44:46 ID:n7rz6Myz
流れがよく分からんが
>>113
初心者の時初めて作った曲は転調してたな
調という言葉は知っていたが理解していなかった
まあ調が曖昧な場合なんかよくあると思うが

どうでもいいけど人を煽るのは社会性があるとはいえないだろ

119 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/03(月) 23:14:57 ID:Uqm7zKz1
113はスケールに縛られすぎじゃね?
スケールを意識し過ぎ
もっと自由に考えればいいのに
メロ先行で作る場合ならスケールは考えずに作るな、おれは
もちろん転調しない方がいい場合は転調しない
けど毎回全て同一スケール上で一曲メロ作るなんてありえん
それなんて罰ゲーム

120 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/04(火) 01:30:54 ID:Rnr0ZR5b
ようやくマトモに話できた。
そうか、人それぞれか。
自分はメロディはほとんど鍵盤で作るから、
スケールを外れてるかどうかっていうのが分かりやすいいうのもあるかもね。
なんだかんだコードもイメージしながら作っちゃうからポップスやロック調の曲作る時は転調は意識しないと大概できないな。
クラシック調の曲作ると自然に転調してることはあるけどね。



121 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/04(火) 14:59:51 ID:gccf087v
>113
スケールってどのレベルの話なんでしょうか。
120も113だと思うんだけど、

>自分はメロディはほとんど鍵盤で作るから、
>スケールを外れてるかどうかっていうのが分かりやすいいうのもあるかもね。

ってなんだか意味が繋がってないと思うんですが…。ダイアトニックスケールの話??

122 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/04(火) 15:39:31 ID:XEM8jISd
流れとはちょっと関係ないけどためしにハーモニックマイナーやメロディックマイナーでメロ作ってみようと思ったら
どんより暗くてちょっとドンくさい旋律にしかならない。このスケール使った曲で垢抜けた感じの曲ってある?

123 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/04(火) 16:31:42 ID:VMQlnhdK
>>58>>62>>64>>73>>78>>84>>85>>87>>90>>100
>>104>>106>>107>>112>>113>>117>>120
が同一人物
必死過ぎというか張り付き過ぎだろ

124 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/06(木) 21:07:26 ID:sRnZdSA/
はい!それでは>1君もみんなも転調テスト!
薬師丸ひろ子 Woman 〜Wの悲劇より〜> http://www.youtube.com/watch?v=sZ4TwS01RLU


125 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/09(日) 00:03:29 ID:5qT84uEx
で、>>1は?

126 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/09(日) 00:53:48 ID:t82jLZfC
1です
>>124
現段階では、調・転調の判定は、譜面があるものでないと出来ません…
せっかく貼ってくださったのに、申し訳ありません。。
m(__)m

127 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/21(金) 13:08:08 ID:BFj8JE6z
小室哲哉の曲で大きく雰囲気の変わるところは大抵半音上の調への転調。

128 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/21(金) 21:18:09 ID:M5JhitAt
メロディーから曲を作るとコードが解らなくなるんですが><。

129 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 17:01:21 ID:mtAFpat6
同じく。
あと
ttp://www.youtube.com/watch?v=YKqFz5IZSvM&feature=related
みたいな曲を主旋律から仮につくった場合、
植松の曲によくあるようなアルペジオ(?)みたいな連続フレーズやバックのストリングスはどうやって付けていったらよいの?

130 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 17:26:49 ID:z+7OLXwH
メロディに対するコード進行は一通りでは無い。
だからこそ自分で合うコード進行を探さないといけない。

初心者ならハ長調かイ短調でメロディを作ってC、F、G7、Dm、Em、Amを使って
鍵盤を弾いてみて合う進行を探す。

「俺の好きな作曲家はもっと複雑っぱいことをしている」って?
それはおいおい勉強していくしかないだろ。

131 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 18:02:33 ID:/Snkn87M
なるほど。。
このメロディーにはこのコードって決まりは別に無いんですね!!
ありがとうございます><
いろいろ模索してみあす><b

132 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 18:06:07 ID:mzH13bRE
・耳コピ
・ファミマ入店音などの数小節のメロディーをアレンジ(アドリブありで)

133 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 20:52:00 ID:Pm5Fjxm5
確かにメロディにコードを付けるのは結構選択肢あるから逆に迷うってのはあるなあ。

コードを付けるときは最初は和音で考えないほうが良いと思う。
まずは単音だけで考えりゃいい。ルート音だけで各小節ごとにメロディに合う音を決めていき、
ルート音の進行だけでも自然な流れに作り上げる。
入れた音がしっくりこないのならその個所をどんどん修正して良くすればいいだけだよ。

できたルート音の進行を低音で鳴らせばベースラインの完成だ。
ベースラインは基本ルート音を弾いていくもんだからね(例外は多々ある)。

んでルート音の流れに対して、とりあえず全部メジャーでコード付けてみ。
メロディと一緒に聞いてみて所々変に聞こえる個所があるからそこはマイナーに変える。
これだけで大体メロディにあったコード進行になると思う。

メジャーとマイナーだけである程度は曲にコード進行が付けられるもんだ。
細かく見ていくと合わない部分とかつながりのおかしいとこが出てくるから、
その都度他のコードを検討したりしてコード進行を工夫して行きゃいい。

一番最初は変になってもいいんよ。コードを付けていくって作業を実際に行うことが大事なんだからね。
色々な曲のコード進行とか参考にしたら徐々にコードの付け方はわかってくると思うよ。
まずは実践あるのみ。

134 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/22(土) 21:28:57 ID:2YCQAtZZ
>>129
おいおい、いきなりストリングス・アレンジって先走らない方がいいよ。
ストリングスのアレンジなんて、アレンジャーとは別にそれの専門家がいるくらい難しい。

自己満足でいいならなんでもいいけと思うけど、人に聴かせたいもの作りたいのなら、
「和声法」っていう、コード理論からさらに突っ込んで、コードを綺麗に繋げるための方法論があるからそういうのも目を通しておいた方がいいよ。
まぁ、クラシック来の理論で、今のゲーム音楽なんかでは陳腐化してる部分もあるから、厳密に勉強する必要はないけど。

植松さんなんかは理論勉強してないって言ってるけど、理論ってピンキリでどこまでを理論と言ってるかわからないし、
音楽に関わる以上、最低限の勉強はしてるはず。

最近、才能を誇示したいのか知らないが、「理論なんか全く勉強してません」て自慢気に曲披露する子がいるけど、
モーツァルトやベートーヴェンみたいな大天才ですら、相当な厳しい教育で理論身に付けてるからね。

まぁ今の音楽は敷居が低くなってることは確かだけど、最低限は勉強して基礎と足元固めてから作曲した方が、
後々のためにはいいよ。

135 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 00:44:28 ID:R5pBXVq+
>>134
ストリングスのアレンジなんて、アレンジャーとは別にそれの専門家がいるくらい難しい。

確かに一般的にはそうかもしれませんが、>>129の曲に限って言えば、そこまで極度に難解なことはしていないような…

むしろオルゴールの音色のような高速アルペジオ(?)の方が難解に感じてしまいます。
自分の耳が未熟だからかもしれませんが…

>>130>>133
>>129の曲の高速アルペジオ(?)も、コード理論によって付けられたものなのでしょうか?

136 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 01:01:26 ID:Rd5MGm6v
>>135

違うんだなぁ。

その曲は聴いてなかったが、和声っていうのは難解というか複雑な響きの曲を作るためにあるんじゃなくて、
アラを出さずに無難に音を繋げるために勉強するものなの。まぁ初歩的な和声に限ってだけど。
だからストリングスアレンジの何が難しいかって、無難にするのが難しいんだよね。
まぁ今の趣味レベルじゃよっぽどそこまで聴く人いないけどな。
そればっかり多分勉強してみないと理解できないよ。
単純な三和音繋げるだけでもえらい色々と研究されてるんだから。

ハープももちろんコードだよ。テンションコードって言う複雑な響きのコードを多用してる。






137 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 01:30:21 ID:R5pBXVq+
>>136
>ストリングスアレンジの何が難しいかって、無難にするのが難しいんだよね。
ストリングスのアレンジは、他の楽器のアレンジと比べて相対的に難しいということでしょうか?
>>129の曲のような感じのストリングスを付けるためには、コードの知識だけでは足りないですか?

>ハープももちろんコードだよ。テンションコードって言う複雑な響きのコードを多用してる。
テンションコードというと、ジャズなどにも使われる、緊張感を出すコードという先入観があったので、意外です。
作曲者はどういう意図であえてテンションコードを多様しているのでしょうか…

あとハープの旋律ですが、これは「アルペジオ」で合ってますか?知識が乏しくてすみません…


138 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 01:49:59 ID:Rd5MGm6v
>>137
いや、ストリングスのアレンジだけがとりわけ難しいわけではなくて、
本格的に和声使って作ろうとおもうやっぱり和声の専門知識はいるよっていうこと。
だからポップスなんかでも、コーラス多用した曲だとコーラス専門のアレンジャーが付く場合もあるし。
それはピアノにしても何にしても同じだよ。

まぁ、でも今の曲はあえて和声法を無視する形で発展してきる部分もあるから、何ともいえない。
でも、やっぱり和声で作られた曲は綺麗に音が繋がってる。

129の曲は聴きこんでいないけども、旋律パートだけじゃなくてバックで和音連打してるパートあるでしょ?
ああいうところにも和声は使える。

どういう意図というか、単純にテンションコードと言っちゃうと語弊があるけども、
7thコードや9thコードや転回コードなんかの複雑なコードを組み合わせるとそれだけで
コードだけで独特な雰囲気を演出することができる。ファンタジーっぽ雰囲気とか、コミカルな雰囲気とか。
こういうのは、どうだろ? 勉強よりも感性の世界かな。
この曲はまだ調性はあるけども、ファンタジー形式のもっと自由な曲になると調性も無視して自由自在にコードが動いてより独特な雰囲気が作れる。
勉強でそこまでできるレベルに到達するにはちょっと時間がかかるんじゃないかな。
もちろん勉強して到達した方が理論のバックボーンがあって強いけど。

うんアルペジオでいいと思う。
ちなみにアルペジオの構成音全てをコードとするかどうかっていう部分で人によっての解釈の違いはあるよ。
自分は響きが混ざってればコードだと思う。

139 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 03:00:36 ID:Rd5MGm6v
>>137
ちなみに補足しとくと、
和声和声言ってるけど一度テキストパラパラめくってみて、
自分で要るか要らないか判断すればいいと思うよ。
趣味レベルでそこまで聴く人はそういないだろうし、本当に基礎的な部分なんて曲の研究してるうち自然に身に付く部分もあるし。
あえて和声無視して作ってる曲も一杯あるしね。
ただやっぱりストリングスやコーラスはきちんと和声使ったほうが、綺麗に音が繋がるしそれっぽくもなるよ。
要は使い分けできるようになるのが一番いいと、俺は思うけどね。
趣味でも自分がどれくらいできるようになりたいか次第かな。

140 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 03:18:19 ID:1LtnXI4H
ストリングスが話題にありますけど。。
ストリングスってなんですか??
wikipediaみたら弦楽器〜みたいな事書いてありましたけど
女子十二楽坊みたいな感じですか??

141 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/23(日) 03:26:40 ID:svEYfj+o
ストリングス
バイオリン、ビオラ、チェロによって編成された楽団。
あるいはこれらに加えてコントラバスが加わることも。
……と理解しておけばそれほど大きな間違いはない。

142 :名無しサンプリング@48kHz:2010/05/24(月) 11:51:30 ID:3O+GWLZP
カンの良い人なら、片っ端から試してガッツで乗りきるって手もあるけどね。
意図的におかしな効果を狙わなければ、使える音ってそんなに多くないから、
浅い知識でも大抵事足りる。

143 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/05(土) 22:57:45 ID:AncYoYxV
ふむ

144 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/12(土) 19:11:02 ID:Qd/B8NDR
うむ

145 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/13(日) 05:16:28 ID:WAJB8VTY
興味深いにスレに出会ってしまった。
曲作るのに関して、コードから、曲を作って、白鍵盤しか使ったことかないくらいで。作るとどうしても、童謡ぽくなります。

曲のテンポや、リズム、編曲にも勉強がいるように思う。

もうちょっとレベルアップしたいなあ思ってすが、何から始めたら良いかわからないのがわからないんよな。上記スレ参考に一つつくってみよう




146 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/13(日) 15:57:39 ID:1OHOFusI
コードから作っても童謡っぽくないコード進行使えば童謡にはならんよ

147 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/14(月) 06:42:16 ID:uSjQTSP4
無難なポップスを作りたいというのが希望ならば、人気のある曲のコード進行を
片っ端から覚えることが必要なように思う。
コードネームを丸暗記、なんてことではなくて響きを自分の耳にしっかりと刻みつけるんだ。

148 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/14(月) 09:24:56 ID:SrIlUmtK
ざっくりと上がるか下がるかくらいでも良いから、
伴奏意識しながら作ると早い。

149 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/16(水) 07:24:28 ID:fj1Glcsu
メロ作って音聴きながら違和感ないと感じるコードを置いてる
もうほとんど自分の感覚に頼ってる
これがいいのかどうか分からないけど

150 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/16(水) 14:56:40 ID:rjXi8uys
>>146
>>147
>>148
コードも覚えたてで、まだまだ勉強する必要があるように思います。
頑張って自分が納得できる曲を作りたいと思います。

151 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/16(水) 20:30:35 ID:O2e5PPnV
>>149
それで正解。
特に「音聴きながら違和感ないと感じる」というのが重要。
自分の感覚に頼っていいんだよ。

自分の感覚だけが頼りだとやがては行き詰まるけど、初心者が今から心配するようなことでは無い。
職業作曲家でも目指す気になったときに改めて考えればいい。

152 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/16(水) 23:19:45 ID:uzGKDjaX
その自分の感覚ていうのが、今まで色んなところで耳にしてきた「理論で作られた音楽」の積み重ねなのであって、
理論を勉強するということは、自分の中のその曖昧な感覚が本当に正しいものかどうなのかハッキリさせるという効果があるわね。


153 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 01:45:28 ID:g9rlOAZo
違和感を感じない音というのは、理論に乗っかってる音。
だいたいはね。

154 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 09:40:02 ID:qaa3bB7k
違和感を感じるという表現に違和感を感じる

155 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 14:03:59 ID:dcwoy63Y
和声法に則ってない音楽なんて今はいくらでもあるんだろ

156 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 14:33:17 ID:Jrcw8U6W
人間が感じる気持ちよさだって科学の領域で理論化数値化されるんだから
理論に当てはめようと思えば何だって当て嵌められるんじゃないの。
そういう意味で理論に則ってる則ってないの話はナンセンスじゃないかと思う。

157 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 14:41:12 ID:dcwoy63Y
則ってないってのは、禁則とされることをやってるという意味ね

たとえばパワーコードとか

158 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 20:02:05 ID:g9rlOAZo
パワーコードも、理論上に乗っかった、協和音だから聞いてても違和感がない。

159 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 20:32:42 ID:g3xSb743
和声法では禁則だよ

160 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 21:25:05 ID:g9rlOAZo
>>159
でも、対位法ならアリだ。

161 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/18(金) 22:58:03 ID:Pj4SRL9F
>>156
いや、そうでもないと思うよ。
今の12音階と和音で作られた音楽ってのは西洋で生まれた理論で成り立ってて、
それを子供の頃から当たり前に聞いてきたから、当たり前にそれを気持ちよいと感じるんだと思うよ。

例えば日本古来の雅楽なんて西洋音楽でいえば、滅茶苦茶な不協和音ばかりだし、テンポも一定じゃないし。
それでもそれを当たり前に聴いてれば、それが当たり前に心地よくなるんだよね。

つまりさ、子供の頃から12音階と和音、つまり理論で作られた音楽ばかりを聴いてて、
それが当たり前に心地良いという感覚がある時点で、既に理論と無関係なんてありえないんだよ。


162 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 02:04:51 ID:on3X1GVq
そればっか聞いてきたから心地よく聞こえるわけじゃないと思う
聞き慣れないからマイナス評価はあっても、聞き慣れてるからプラス評価というのは違うような気がする

163 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 02:56:05 ID:sFuFeAxS
心理学に人間は嫌いな相手じゃなければ会えば会うほど好意が増すってあったような。それみたいな?

164 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 03:50:26 ID:EOACi4Jx
本当に支離滅裂なのは、いくら聴いても心地よくならないよ俺は

165 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 15:30:14 ID:cRUmYnsL
>>161
神社で聞けるショウの笛の音は、神様が本当に降りてきそうな気がするねw
一種のトランス感覚もある。
しかしあれは音楽理論に乗っかってる物ではないね、確かに。

166 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 15:54:49 ID:sFuFeAxS
音楽理論に乗っかってる物ではないって言い回しがよくわからん。
西洋音楽のように明文化・体系化されてないだけですべての音楽にはそれぞれの理論があるんじゃ?

167 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/19(土) 20:21:51 ID:Oj0Z6NJZ
>>166
そこらで学べる音楽理論には無い話ってだけだろう。

168 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/22(火) 00:47:33 ID:5Nn96Trg
コードから考えるとどうしても自由な発想にならないんだよな
メロから作る方が割と好きに作れたりする

169 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/22(火) 18:29:12 ID:X+k4e5fv
>>168
オレもそうだな メロディ→ベース→コードが作りやすい
ただ 歌メロの場合 音程の変化が少ないんでコードからでもなんとか作れる


170 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/22(火) 20:19:07 ID:XRp/NHaj
>>169
俺はベースから行く・・・
ダンスミュージック作ってるので。

171 :名無しサンプリング@48kHz:2010/06/30(水) 14:11:00 ID:LPXsNuHr
ふむふむ

172 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/06(火) 11:32:28 ID:06lPZuL8
メロディから作ることはほとんどないな。コード弾いてると自然にメロディができる。
ただ、コードといっても適当に複数のキーを押して、いい音がする和音を使ってるだけだが。


173 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/06(火) 12:47:29 ID:CQrbpFgs
自分はメロ+ベースで作ってコード乗っける感じ。
ボサノヴァやジャズかじり始めたら
コードの縛りが解けた感じがする。

174 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/06(火) 21:24:20 ID:Jcg/QhP8
ずっとコードから作ってたけど3曲目にして
自分の好みらしい同じような進行にしかならないことに気づいた
だから最近はメロから作るようになった

175 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/08(木) 17:28:10 ID:UK1eqfVU
ふうむ

176 ::2010/07/23(金) 10:51:48 ID:LYOqjJEl
漏れはいつもメロディー→コード→ベース→ドラム→その他の順になってしまいますorz

177 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/23(金) 20:19:12 ID:cTN0MY45
おれはメロ→ベース+仮ドラム→コード→その他→ドラム手直し かな
個人的にはベースを先に決めた方がコードも決めやすいと思うんだけど

178 :名無しサンプリング@48kHz:2010/07/23(金) 20:20:07 ID:56MbSp6M
>>177
テクノ系じゃむしろ普通。というかセオリー。

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)