5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安比奈のなないろディップスイッチ晒しスレ14【酋長】

480 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2010/03/04(木) 22:24:59 ID:zBjYcArz0
井川のクズが証拠出せとうるさいので……

【石平のChina Watch】中国「対米恐喝外交」の敗北 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100304/chn1003040814000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100304/chn1003040814000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/china/100304/chn1003040814000-n3.htm


2010.3.4 08:10

 今年の1月に米国政府が台湾への武器売却を決めた後、中国は異例の強硬姿勢で猛反発した。
外務省による「厳重抗議」はもちろんのこと、国防省、全国人民代表大会外事委員会、
全国政治協商会議外事委員会などの国家機関は一斉に声明や談話を発表して抗議の嵐を巻き起こした。
米国との軍事交流の停止などの報復措置の発動にも踏み切った。

 武器売却決定の撤回を強く求めることがこの一連の抗議の狙いであるが、米国側は一切応じなかった。
それどころか、まさに中国が猛抗議している最中、米国政府はオバマ大統領とチベットのダライ・ラマ14世との
会談が2月中に行われることを発表した。それに対し中国政府はよりいっそうの激しい態度で反発した。

 中国外務省は2月2日から4日連続で反対の談話を発表し報復措置の可能性を示唆して警告を行った。
中国共産党の朱維群統一戦線工作部副部長も2日、会談が実現された場合「中国は相応の措置を取る」と事実上、対抗措置を予告した。

 が、中国からの恐喝にも近いそれらの抗議や警告に対し、アメリカはまったく気にしない様子だった。ホワイトハウスは「会談に変更無し」と
表明し続ける一方、会談直前の2月14日、バイデン米副大統領がイラン核問題をめぐる同国への制裁について、
「米国は中国の支持を得られると確信している」と発言した。中国を完全になめているような言い方である。

 そして2月18日、中国からのいかなる抗議も警告も無視した形で、オバマ米大統領とダライ・ラマ14世との会談は堂々と行われた。
中国政府がどのような強硬姿勢に打って出るのかが、世界の注目の的となった。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)