5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【電子図書】Googleブック検索和解案を裁判所が審理 結論はまだ(10/02/19)

1 : ◆amidaMovTg @あみだくじψ ★:2010/02/19(金) 20:19:25 ID:???
 米連邦判事は2月18日、Googleの書籍電子化をめぐる2005年の訴訟の和解案について審理を行ったが、和解案を承認
するかどうかの判決は同日には下さないとした。

 「今日のこの審理では判決は下さない」とマンハッタンのデニー・チン連邦判事は審理の初めに語った。審理では関係者
28人が和解案口頭弁論を行った。

 チン氏は、後日判決を下すと多数の関係者が集まったニューヨーク裁判所で語ったが、具体的な日付は明らかにしなかった。
第2法廷には、企業の代表者、作家、出版社の関係者が詰めかけ、有線テレビで審理を見守った。

 Googleは、書籍電子化による金銭的な利益はあまりないとし、対象とする書籍のほとんどは著作権保護が終わっているか、
絶版になっていると述べた。

 同社の計画にはAmazon.comやMicrosoftなどが反対している。

 和解案では、Googleは1億2500万ドルをかけて著作権レジストリを立ち上げる。作家や出版社はこのレジストリに作品を登録し、
Googleがオンラインに掲載した作品について対価を受け取る。

 Googleは法廷文書で、数百万冊を電子化するという米作家連盟との合意は合法であり、人間の知識に貢献すると主張している。

 Googleの野心的な計画は、書籍を閲覧できる手段を拡大するとして称賛されているが、米司法省は2月4日の意見書で、この
計画をさまざまな点から批判し、独占禁止法と著作権法に違反する可能性があると主張している。

 司法省は9月に、Googleの和解案を却下するよう助言していた。

 こうした反対意見を受けて、Googleと作家・出版社団体は11月に和解案に変更を加えたが、批判を抑え込むには至っていない。

 この訴訟は米作家連盟対Google(訴訟番号05-08136)でニューヨーク南地区連邦地裁で審理されている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/19/news022.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 00:05:10 ID:???
>  Googleは、書籍電子化による金銭的な利益はあまりないとし、対象とする書籍のほとんどは著作権保護が終わっているか、
> 絶版になっていると述べた。

これもテクニックの一つだろうね。

本当は、ほとんどは絶版だが著作権保護中で、ほんのわずか著作権保護が終わっているものがある。
これが事実だろう。


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 00:33:34 ID:tqr+6Pf6
Google悪魔的手法だな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/20(土) 14:41:18 ID:OrYJUP+X
ヨン様?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 22:42:06 ID:???
>>3
マイクロソフトの方が悪魔だろうが

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/22(月) 23:43:06 ID:???
>>5
Appleが一番悪魔

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/23(火) 11:32:22 ID:???
>>5
どうだろうか、両方ともやってる事はそれなりにやってたことが
明らかになってきたところでだ。

Goolgeはこれまでずっとそんな事するのはいけない事だと
罵ってたわけだ。どちらが悪魔的かと言われればはっきりしてるだろ。




4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)