5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【調査】情報管理の“うっかりミス”でも大半の企業が処罰の対象に(10/07/02)

1 : ◆amidaMovTg @あみだくじψ ★:2010/07/02(金) 21:29:59 ID:??? ?2BP(100)
 民間調査機関の労務行政研究所は、人事労務担当者を対象に実施した企業の情報管理に関するアンケート調査の結果を発表した。
情報管理上のミスに対して、注意や始末書提出などの処分を規定している企業が多数に上ることが分かった。

 調査は3月17〜31日にインターネットで実施し、各モデルケースが処分対象に当たるかどうか、また、対象としている場合の規定の
内容などを尋ねた。

 その結果、すべてのモデルケースについて、7割以上の企業が処分対象にしていた。最も割合が高いのは、「電子メールの誤送信に
より、社内機密データを漏えいさせた」の85.9%。以下は、「インターネット上で会社や上司、同僚を中傷した」(85.4%)、「就業時間中に
会社のPCから株の取引をしていた」(84.9%)、「自宅で仕事をするため、社外持ち出し禁止の機密データを独断で持ち出した」(84.9%)
などだった。

 処分規定の内容のうち、懲戒解雇および諭旨解雇を定めている企業の割合が多いモデルケースは、「社内機密データを勝手に持ち出し、
インターネット上で公開した」(61.8%=懲戒解雇と諭旨解雇の合算値)や、「上司のパスワードを使って、アクセス権のない社内機密デー
タに不正にアクセスし、コピーした」(44.2%)の2つだった。

 インターネットおよび電子メールの利用での問題発生を防ぐための取り組み(複数回答)は、約6割の企業が「社員への呼び掛け」を挙げた。
インターネットに関しては、「問題のあるWebサイトへのアクセスはシステム上できない」(58.3%)、「システム管理責任者などが利用状況を
監視している」(56.8%)、「許可しないソフトウェアのダウンロードは、システム上できない」(35.7%)と、技術的な対策を講じている傾向が目立つ。

 電子メールでは、「システム管理責任者などが利用状況を監視している」(40.7%)や「社内の機器からのフリーメールサービスの使用を禁止」
(27.6%)を挙げる回答が多い。「講じていない」との回答も15.6%あった。1000人以上の企業の方が1000人未満の企業よりも、対策を積極的に
講じているようすもうかがえる。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/01/news010.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 08:54:43 ID:???
だが個人情報漏洩被害者には500円QUOカード程度で済ますっていう

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/03(土) 12:44:31 ID:???
一般人の個人情報の価値ってその程度だしw

有名人は別だけどね。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)