5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【電波】「700/900MHzは国際協調すべきか否か」、周波数WGより(10/07/13)

1 : ◆amidaMovTg @あみだくじψ ★:2010/07/13(火) 21:40:27 ID:??? ?2BP(100)
 総務省 グローバル時代におけるICT政策に関するタスクフォースは2010年7月13日、電気通信市場の環境変化への
対応検討部会「ワイヤレスブロードバンド実現のための周波数検討ワーキンググループ」の第5回会合を開催した。
今回は、WGとしての700/900MHz帯の割り当て方針を決める上での論点整理に向けて、構成員と事務局である総務省
との間で質疑応答や議論を行った。

 時間軸について質問したのは、野村総合研究所 上席研究員の横澤誠氏である。横澤氏は「時間軸を意識して段階的に
周波数を割り当てるのであれば、2012年を第1のターゲットにして次は2015年、次は2020年という年度や、第3.9世代移動体
通信からLTEへの移行期などというイメージでいるが、これでいいのか」と総務省へ質問した。総務省 総合通信基盤局
移動通信課長の竹内芳明氏は「影響の少ない現実的なものを構成員で検討してほしい」と述べた。

 技術的問題では韓国との電波干渉に関して、韓国の周波数割り当ておよび用途に関する質問が出た。これに対して総務省
総合通信基盤局 電波部長の吉田靖氏は、「韓国は700MHz帯の割り当てでは、698M〜806MHzを割り当てる方針を示している
が、韓国へ訪問して意見交換したところ、上り下りの割り当て案など詳細はまだ決まっていないとのことだった。大半が携帯電話
向けと聞いているが、一部を放送向けや他の省庁の通信に使うという話もあった」と状況を説明した。

 実現可能性については、東京理科大学理工学部 教授の伊東晋氏は他システムの周波数移行を伴う国際協調に懐疑的な
見方を示した。伊東氏は、「周波数割り当ては2015年でもいいという意見があるが、2015年ならばテレビ放送のデジタル移行は
もっとゆっくりでもよかったのではないか。移動の議論の際の切迫感はどこへ行ったのか。切迫していないのなら、国際協調も
ほどほどでいいのでは」と意見を述べた。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100713/350219/

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)