5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サービス】テロリスト行為を理由に突然閉鎖されたブログサービスのミステリー(10/07/21)

1 : ◆amidaMovTg @あみだくじψ ★:2010/07/21(水) 21:29:29 ID:??? ?2BP(100)
「爆弾製造法やアルカイダ関連文書など、テロリストに関連したコンテンツが掲載されている」ことを理由に、突然運営会社によって
閉鎖されたブログサービス。閉鎖から10日が経過した現在でも運営会社からの経緯や今後の見通しに関する説明はなく、利用者ら
の間では大きな怒りが広がっている。

今回問題となったのは、米BurstNETが運営するBlogサービス「Blogetry.com」だ。BurstNETの説明によれば、同社は7月9日に政府関係者
から危険行為に対する注意を受け、Blogetry.comのホスティングサーバ上の所有者情報を提供するよう依頼を受けたという。
こうした警告を受けた後、BurstNETはこれら情報が同サイトの利用ポリシーに違反したとの理由で同サイトの即時停止を行った。

だが問題となるのは、サイト停止で急にサービスが利用できなくなった多くのユーザーだ。実際に危険なコンテンツがサイト内に含まれて
いたとはいえ、残りの多くは無関係のユーザーのものだと思われる。Blogetry.comドメインでホスティングされていたブログ群はBurstNETが
用意したユーザーフォーラムへと転送されるようになっており、ここにはユーザーらの怒りのコメントが並んでいる。

これに関して、英BBCが興味深いレポートを行っている。当初、7月9日の段階でCNETなど各社ニュースサイトはFBIがサイトの調査依頼
を行い、BurstNET側もFBIからの依頼を受けたことを認めていると報じている。だがBBCによれば、FBI関係者の話としてサイトの停止まで
は依頼しておらず、その権限自体FBIには存在しないという。では、BurstNETは何を急いでサービスを緊急停止し、ユーザーからの
リクエストを頑なに拒絶しているのだろうか?

またBurstNETの説明がないことで、ユーザーらはFBIが米国のPatriot Actを用いて強権を発動している、あるいはテロリスト捜査を理由に
児童ポルノコンテンツの取り締まりを行っているなど、さまざまな憶測を巡らせているという。便利な各種Webサービスだが、一方でこうした
リスクがつねに存在することを認識していなければいけないのかもしれない。

http://journal.mycom.co.jp/news/2010/07/21/063/index.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/07/21(水) 22:11:33 ID:???
ちゃんと理解した方がいい。
クラウドで米国にデータを置いていて(実際には日本の会社だけでDBはUSにあるとか、
はじめは日本にあったけどいつの間にかUSに移されたとかなんでもあり)
このような事件に巻き込まれたとき、あなたの会社のデータも「調査」されます。
運良く疑いもかけられずに穏便に済んだとしても・・・
あなたの会社のデータを「誰」が調査したのかを想像してください。
調査するのだから専門家ですよね、USにいる専門家っというのは
具体的にはどのような人ですか。証拠はありませんがライバル会社の
社員も含まれてると思いますよ。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)