5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

関数型プログラミング言語Haskell Part9

1 :デフォルトの名無しさん:2008/05/17(土) 16:41:29
haskell.org
http://www.haskell.org/

日本語サイト
http://www.sampou.org/cgi-bin/haskell.cgi
http://www.shido.info/hs/

過去ログ
関数型プログラミング言語Haskell
Part1 http://pc.2ch.net/tech/kako/996/996131288.html
Part2 http://pc2.2ch.net/test/read.cgi/tech/1013846140/
Part3 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1076418993/
Part4 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1140717775/
Part5 http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1149263630/
Part6 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1162902266/
Part7 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1174211797/
Part8 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/tech/1193743693/
・2chの仕様により、行頭の半角スペースは表示されません。
 コードをインデントしたいときは、代わりに または全角スペースを使うことができます。


766 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 15:23:46
do構文で、変数の使用が強制されるのはなんとかならんの?
.とか$とかの気の利いたバージョンない?

767 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 15:27:56
何を言ってるのかよく分からんが >>= とか?

768 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 15:36:59
>>=だけですっきりいけるならdo構文使わないでしょ(ってこともないか?少なくとも俺は)。
do構文でモナドを「外す」ためだけに一時変数がやたら必要になるのがイヤって話。
つまるところ>>=になっちまいそうな気もするけど、
便利な演算子なり特殊なカッコなりで、無駄な変数使わずに何とかならんかなぁ、と。


769 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:11:24
なにか具体例見せてくれ

770 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:18:02
do式の中で、
  a <- v
  b <- f a
は、aを使わずに
  b <- v >>= f
と書ける

同様に、
  a <- v
  let b = f a
は、
  b <- liftM f v
と書ける

こういう話?
>>=は普通にdo構文の内部で使えるよ
俺はこの場合=<<を使う方が好きだけど

771 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:26:30
何を言ってるのか俺もよく分からん。
do ...; a <- m; f a; ...

do ...; f =<< m; ... -- m >>= f でも同じだけど...
とか
do ...; a <- m; let b = f a; ...; g b; ...; h b; ...

do ...; b <- liftM f m; ...; g b; ...; h b; ...
とかすればいいって話じゃなくて?

って書き込もうとしたんだけどその前に新着レス見たら>>770被りすぎ。

772 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:44:57
n <- m
a <- n

a <- join m
にするパターンもあるかも。

n <- m
o <- n
a <- o

a <- join (join m)
とか。

773 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:48:50
ぱっといい例は書けないけど、例えば単純な例で
do args <- getArgs
cnt <- getContents
now <- getClockTime
return someFunc args cnt now
を、
do return soumeFunc #getArgs #getContents #getClockTime
とかこんな感じに書けないかと。(#が架空のモナド外し演算子とか)


774 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:53:15
>>770,771,772
ありがとう。特にjoinは使った事なかった。
俺がアホでした。


775 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 16:56:54
あれ?やっぱ違うや。求めてるのとjoin。いや、それはそれで勉強になったけど。

776 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 17:01:37
というか、liftM3ですね。とりあえず釣って来ます。

777 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 17:21:21
ちなみに、
do args <- getArgs
   cnt <- getContents
   return otherFunc args True cnt
だったら?

778 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 17:27:31
>>773みたいな構文は俺も欲しい
このスレで前に同じことを書いた記憶がある
Template Haskellを使えばなんとかなるかな

>>777
liftM3 otherFunc getArgs (return True) getContents
不恰好だけど

779 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 18:03:09
>>773 は Control.Applicative を使って
soumeFunc <$> getArgs <*> getContents <*> getClockTime

return sumFunc <*> getArgs <*> getContents <*> getClockTime
って書ける。infixl 4 # ; (#)=(<*>) とすればあのままいける。
っていうのは
(return soumeFunc) #getArgs #getContents #getClockTime
じゃなくて
return (soumeFunc #getArgs #getContents #getClockTime)
のつもりだろうから嘘だけど。

ただ、IO は Applicative のインスタンスになってるけど、
一般のモナドは WrappedMonad って型が用意されてるだけなので、ちょっと面倒。
でも Control.Monad に <*> と同じ意味の ap ってのがあってこれはどのモナドにも使える。
<$> とかの Control.Applicative にあるいろいろな関数がないけど。

あと Control.Applicative には f (a -> b) -> a -> f b な関数が無いけど
それを f *$ x = f <*> pure x とか定義すれば
liftM3 otherFunc getArgs (return True) getContents は
otherFunc <$> getArgs *$ True <*> getContents と書ける。さすがにキモイ。

780 :デフォルトの名無しさん:2008/09/24(水) 18:18:11
おおっ、あるのね。
俺の見る程度の範囲じゃ<*>とかはあんま見ないけど、そういえばapは見るな。
まあ、>>698とか見ると、>>778の書き方が普通は落とし所って所かも知れんけど、調べてみます。

235 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)