5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プログラミングはすでに市場飽和状態にある?

1 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 10:05:18
プログラミングを最近勉強して思った。
プログラミング自体についての知的好奇心から勉強してるが。
かといってプログラムで何か作りたいものは?と言われれば別に作りたいものが無い。
パソコンでやりたいことができるソフトなどは、大方すでに作られていて、いまさら
わざわざプログラミング言語を学んで作る意味がない気がする。
パソコンでやりたいことがあったら
パソコンの上で動くソフトはすでに市場飽和状態にあるのでは?
そう考えると、プログラミングを勉強するモチベーションが下がる。
C言語C++なんかいまさら学んで何を作るのだろか?
いまさらわざわざOSを新たに作る?
VB?.NET?C#?Java?
なんだかよくわからないね。

2 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 11:28:19
このスレッドは天才チンパンジー「アイちゃん」が
言語訓練のために立てたものです。

アイと研究員とのやり取りに利用するスレッドなので、
関係者以外は書きこまないで下さい。

                  京都大学霊長類研究所

3 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 15:33:20
>>1
さらに加えて「オープンソース」の勃興(台頭?)もある。
レンタルサーバー屋やハードウェアベンダにとっては特だろうが、
ソフト屋が儲からない。

4 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 18:26:24
自作するのはゲームと使い捨てアプリだけでいいよね

5 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 18:30:24
ここで

・よし、俺が業界地図を変えるようなでっかいことをしてやる!
と思うのと
・もう俺にやることはないよね。やめよやめよ。

と思うのとで人生の分かれ目だな。
情報科学系の論文読んでるとプログラミングなんてまだまだやることは
たくさん残されてるし、全然開拓されてないと思うんだけどね。


6 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 19:06:38
マ板でやれよバカ共。

7 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 19:33:15
「発明されるべきものは、すべて発明されてしまった。」

--- チャールズ H ドュエル、長官、米国特許庁、1899

8 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 20:00:45
まあ、でも素人がおもいつきで参入できる分野ではなくなったのは事実。
いいところの大学でて研究室で新しいプログラミングしたらいいよ。
そこまでする気はなくても、とりあえず>>1はHaskellとかやればいい

9 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 20:08:23
真正乱数生成に成功するまでプログラミングをやめない

10 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 22:03:20
プログラミングのプの字も知らん人が溢れてる分野でしっかり揉まれて来い
そもそも「プログラミングの技術を生かしてなんかできねーのかな」っていうスタート地点が誤り

11 :デフォルトの名無しさん:2008/12/02(火) 23:58:51
>>5
>情報科学系の論文読んでるとプログラミングなんてまだまだやることは
>たくさん残されてるし、全然開拓されてないと思うんだけどね。

例えばどんなことかお願い。

12 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 00:01:41
コンピュータ以外に専門分野を持って、シミュレータとか作る時代かと
思ったが、オープンソースでも色々出てきそうだし、シミュレータ自体
が使う人が限られそうな予感。

13 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 00:02:20
>>8
新しい言語自体、喜ぶ人が限られるのでは?

14 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 00:15:56
新しい言語を作っても、その言語を作って何かを作りたい需要自体がない
なら意味ない。

>>1 が言うとおり、かつてと比べればやりたい事は減った。

15 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 00:20:42
>>8 は、大学で「新しいプログラミング」をしたらいいと言った。
しかし、そのプログラミングで、いったい何を作ったらいいかと
いうのが >>1 の疑問だろう。

残りの作るべき物が、言語とOSに限られるのだろうか。

仮に言語を発達させていくとして、肝心の、言語を作って何を作るか
という問題がついて回る。

もしかすると、今後は、必要になった時にプログラミングをするという
スタイルに移って行くのであろうか。

16 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 01:34:28
age

17 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 02:11:14
人間が手作業でやってることを自動化するのがプログラムの根本でしょ。
つまり、今手作業でやってることが全て自動化されるまでプログラムが
介入する余地はあるんじゃない?

例えば、音声認識→AI判断→3DCG表示で受け答えの受付嬢とか、
フロアの上面図とドアの位置、収容人数を入力すると、最適なレイアウトを
考案するプログラムとか。

自分の知識や技術、既存のマシンの性能とかで無意識に思考を制限してるんじゃないかなぁ。

18 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 04:35:49
人間の道具としてのプログラムは結構あるけど、自立的に動作するAI的なものはまだまだだよね。
映画やアニメとかのコンテンツを自動生成するようなプログラムとかできたらいいなー
難度はすさまじく高いわけだが、AI方面はまだ未開拓という気がする。


19 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 08:38:14
今後は、人工知能分野 Only というわけか。

でもどうやれば人工知能が出来るのかな。

20 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 09:18:32
>>19
> 今後は、人工知能分野 Only というわけか。
お前は日本語勉強しろ

21 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 09:53:51
>>1
お前はセックスレスの倦怠期の夫婦か

22 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 11:34:13
>>17
あと大多数の人間の持つ価値観の問題な

人本体でも映像でもいいでしょってなる頃には営業が外を走り回る文化は無くなってるだろうし
移動のコストが無駄だからといってデスクワークは自宅で仕事するようになってる
会議も映像チャットを使うようになってたりね

実現するだけの技術はもう十分にあるんだけど、人間の感覚がそれを許さないだけ

23 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 12:00:00
ルックアンドフィールですね、わかります!

24 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 16:36:26
やること自体は残っているにしても、人工知能の最先端はどうせ大学
がオープンソースで公開してしまう。

音声認識を例に取ると、最初IBMなどが実用化して有料で販売した。
しかし、最近では京大がオープンソースで公開してしまった。
このような市場破壊行為が税金を使って行われているのが現状だ。

25 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:15:35
市場破壊(笑)

26 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:16:08
昔は棲み分けが出来ていたが、大学の研究が民間企業の製品とかち合うよう
になった。
民間企業が先に実用化したのに、10年後に大学が無料で公開しやがった。

27 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:19:15
このような事をして人が幸せになると思っているなら大きな間違いだ。

音声認識ソフトを使う側は幸せになるかも知れないが、作る側は全く
幸せにはならない。アルゴリズムが公にされた時点でメーカー間の
競争はなくなる。せっかく研究費を回収しようとしても無理になる。
大学は10年遅れて税金で大変な事をする。

28 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:22:07
なら大学と協力してやればいいじゃない


29 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:23:54
>>28
既に完成していたり、自力で出来るのにどう協力するというのだ。
この例でも、大学の方が10年遅かったんだ。
しかも未だに完成してない。

30 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:26:35
飛行機は同時期に大学が多額な予算を使って研究していたが、
結局、自転車屋の二人の息子であるライト兄弟が先に完成させてしまった。
ワットの蒸気機関も同様だ。

31 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:29:58
寄付するから公開しないでね、って御布施を払えばいい
なぁにIBMもやってることだよ
権力には逆らえないということを理解するべきだったな

32 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:33:53
>なぁにIBMもやってることだよ
もっと詳しく。


ただ、大学のやりそうなことは、もし寄付して「公開しないで」と言えば、
「金に狂った企業が、公共財産の公開を阻止した」
とか大騒ぎして企業イメージを下げられそう。


33 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:37:51
アメリカには大学から給料貰いながら無料ソフトの流行を促している
有名な人もいる。全く同じ。
この人の場合、過去に企業とのトラウマ体験があったらしいが。
人の恨みは恐ろしい。

全世界のソフト産業を崩壊させてしまった。

34 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:42:49
今となっては懐しいGNU叩き

35 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:45:07
最近Windows並みに使えるフリーのLinuxが出てきたが、これも市場破壊行為?
オープンソースやフリーソフトって、市場飽和を加速する効果があるのか無いのか
意味がわからないな。

36 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:45:20
そうやな
オープンソースとかあほらしいんやな
活性化されるといっても使える技術なんてそのうちの僅かなんだし
コミュニティの視点でもノイズが増えただけなんやな

37 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:48:32
いいものも生み出すけど、その何十倍のゴミも生み出すんやな
確かにオプソでソフトウェア開発のコミュニティは活性化されるんやけど
既存のいいもの作ってる人達を食えなくしてまでやる価値があるかどうかは疑問なんやな

38 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:52:37
技術板でもLinuxの評価ってそうなの?
まあ、使ってみて血管アプリが多いのは閉口したけど。


39 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:52:52
それに、「いい物」と言っても、巨大でmakeにも異常に時間がかかる。
また、インストール・ディレクトリを変えるだけで、./configureから
やり直しが必要なことがある。

実行プログラムとしては、動的にはオプションを理解しておらず、
他のツールに頼ってソースを書き換えて再コンパイルしているだけ
らしい。こんなプログラムは、DOSやWindowsには存在しない。

40 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:55:16
そこまで大した事してないプログラムでも、ソースまでインストール
したら、数百MBになった。
設定ファイルの書き方や置き場所もバージョンによってまちまちで、
過去のノウハウが通用しない。純粋に論理的なはずのソフトに、
実験的に要素が入る。

41 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:56:54
>>37
現実に、IBMの音声認識ソフトの開発費の回収は済んだのだろうか。
せっかく世界で初めて実用化したとしても、大学に10年後に無料化
されてしまった。

42 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 17:59:49
windowの開発ツールでもバージョン移行は苦労するんやな
だから未だにVB6で作ったメンテが不可能で小さいバグ抱えてるシステム使ってるところも結構あるんやな
C#でもっといいの作ってあげるよって言っても「動いてるからいいよ」とか言われるんやな
でも、これは俺の交渉力と信用不足が原因なんやなw

43 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:03:16
>>42
もし、今からやるならお勧めのプログラミング言語は何でしょうか?
もっとも市場飽和が本当なら、やる意味が無いかもしれませんが・・・・

44 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:05:09
「市場飽和が本当なら」
逆に聞きたいが、自分が欲しいソフトで、まだ無いソフトって
どんな物があるの?

45 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:07:16
数学の証明みたいにコードが書けるようなやつ
コードを書いた時点である条件下で
バグが無い事が証明されてるようなソフトになるような開発環境

46 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:07:19
>>44
無いわけじゃないけど、俺の技術力じゃダメポ。

47 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:09:26
>>45
やはり、新言語/新開発環境 でっか。すると>>1に戻り、
それは、大学がオープンソースで学会発表してしまう
から、なかなか産業にはならないと。

48 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:10:01
>>46
具体的にはどんな物なの?

49 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:11:33
>>47
新言語は大学で開発されそうだけど。
新開発環境ってどっちかと言えば民間企業のものが多くない?

50 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:14:22
>>48
P2Pで商取引が可能なソフト、
WinMXみたいに物を物々交換ができるようなやつ。

51 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:14:26
>>49
多い。

しかし、Eclipseも、NetBeansもWidwStudio も無料なはず。
これは如何なる現象?

52 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:15:24
>>50
物々交換?

流通システムも作るの?

53 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:17:02
>>52
だから俺個人には到底無理。ソフトの開発だけで終わらないから。

54 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:28:32
>>1のスレタイの意味がわからんと言う人にふさわしいブログがあるよ。

現代という時代は、どのようなプログラミングを求めているのか?
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20061003/1159869683

Rubyを使うべき本当の理由は、根源的には、日本で自殺者が増えた理由と同じです。

今後日本が没落していく理由とも同じです。

団塊の世代に無能な人間が多い理由とも同じです。

サービス残業が増えた理由とも同じです。

日本の多くの若者たちが未来に希望を抱けない理由とも同じです。

いまの学校教育が無能な人間の製造工場になってしまっている理由とも同じです。

その理由は、根本的には、「単純ニーズの飽和」という環境変化に起因します。

そして、それによって、プログラミングが経営行為になってしまったことが原因なのです。

団塊の世代の仕事人生の大部分は、単純ニーズを満たすための仕事に費やされました。

冷蔵庫の普及率が低く、しかも誰もが冷蔵庫を欲しがった時代には、何をやるべきかは、明らかでした。

とにかく、額に汗して働き、安くてよい冷蔵庫をどんどん作れば良かったのです。

冷蔵庫に限らず、洗濯機、ラジオ、テレビ、自動車、エアコンなど、とにかく、人々が欲しがるものは明らかでした。「何」をすればいいかは明らかで、「どう」すればいいかだけが問題でした。

55 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:38:03
>>54
批判する訳じゃないが、

>もはや、単に冷蔵庫を作っただけでは、利益はほとんど出ません。
>単純な冷蔵庫市場は、もはや飽和してしまったのです。

極最近は、AV家電が赤字で、白物家電が好調だったそうだ。
しかし、少し前はAV家電が好調だったかも。

こういった現象ははっきり言って、「よく分からない」。

56 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:42:35
プログラミングの世界もどんどん複雑になってね?
要求される物もだんだん高度になってる気がする。

57 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:45:57
>>54
>つまり、付加価値競争においては、ちょっとやそっとでは、思いつ
>かないような独創的な商品やサービスを創造しなければ利益は出ま
>せん。

「ちょっとやそっとでは思いつかない物」を思いつくことは、
まさに、ちょっちゃそっとではいきませんな。
99.9%の人が思いつかない物を自分が思いつく確率は0.1%しか
ありませんし。自分が発想力豊であれば別だけど、そうなってる
確率は0.01%位か。

58 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:46:42
>>56
実際、なってますよ。

59 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:48:17
道路建設工事見たいに日本全国隅々まで道路作ったら、
もう、道路工事の余地は無い。あるのは道路のメンテナンスだけ。
パソコンソフトなんかもそれに近くなってるのではとも思う。
そういうときに、オープンソースってなんの意味を持つんだろう。
道路通行料ををただにするのと似てないですか?

60 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:51:01
昔、音楽アンプを設計するのもラジオを設計するのも難しい時代が
あったが、今は、オペアンプと、ラジオ専用ICがあるので解説書
さえあれば誰でも出来る。

それとも似てるかも。

61 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:52:24
プログラミング要求が高度になると。
市場の要求にこたえられなくて失敗するリスクも高まるな。
市場にあう要求にこたえる能力も高くないといけない。
そんな人材はそうそういないから、要求があってもシステムを作る側に
用意が無くて、市場が空洞化するかもしれない。

62 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:53:48
>>61
>プログラミング要求が高度になると。

技術的なことよりも、量的な問題の方が大きいかも。
既存のソフトの機能を全て網羅しないと競争に勝てないとか。

63 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:54:03
>昔、音楽アンプを設計するのもラジオを設計するのも難しい時代が
>あったが、今は、オペアンプと、ラジオ専用ICがあるので解説書
>さえあれば誰でも出来る。

誰でもできるようになるってのは怖い。
プロが飯を食っていく飯の種が無くなるってことだ。
プロはさらに高付加価値商品を生み出すため、地獄の鍛錬を積まないといけなくなる。

64 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 18:56:19
何気に恐ろしいスレだな。
まるで、このスレは資本主義を終わらせるきっかけになりそうだ。
結論が出るころには世の中で何かが起きるかも。

65 :デフォルトの名無しさん:2008/12/03(水) 21:43:49
創造→破壊

66 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 08:13:34
頭の中が未だにITバブルの頃のままのやつはキツイかもな


67 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 08:20:21
ITバブル崩壊後の頭の中とは、具体的に?

68 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 10:01:09
>>63
当ったり前でしょ。

69 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 12:46:44
>>59
まだ島根みたいに道路が足りないところは局所的にあるし
メンテがしやすいような道路作りとか、景観に配慮した道路作りとか
そもそも、道路を必要としない車を作るとか、やるべきことはいくらでも
ある。

「人の作った道路に乗るだけ」を考えてるならそりゃ終わってる。

70 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 15:44:47
なぜ特許や著作権には期限があるのか忘れた

71 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 17:20:57
飽和してるのは人類そのものだよ
人が多すぎるんだよ


72 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 18:35:08
というか、Global化が進んで、人と同じ事をやってしまう確率が高まった。

家電メーカー、自動車メーカー、ソフトメーカー

何を見ても、横並びだ。違う物など滅多に作れない。

73 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 18:39:00
ニーチェの先を見通す能力は異常

74 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 19:33:26
人間のコミュニケーション能力を補うシステムが必要だな・・・

75 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 20:36:08
>>74
それは2chのことかね

76 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 20:54:25
固定概念に囚われてる人間に新しいものは作れない

77 :デフォルトの名無しさん:2008/12/04(木) 21:59:29
>>75
今のマスコミや2chでまともな議論をするのは難しい

78 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 18:20:58
あげ

79 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 18:29:35
コピーコントロールや使用期限制限さえできていない。

今は
ソフト屋、個人、OS、ネットがすべて独立しているような状態。

徐々にサービス型になっていくのでは?


80 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 20:39:05
>パソコンの上で動くソフトはすでに市場飽和状態にあるのでは?

日本では大多数のソフトウェアエンジニアがオープン/web系や
組み込み/制御系に従事していて、そもそもデスクトップアプリの
開発で飯を食ってる人なんてほとんどいない。

「ソフトウェアの開発は自動化されてソフトウェアエンジニアは不要に
なる」という議論が30年前からあるが、いまだに状況は変わらず人の力に
頼ってる。

新しい技術・プロトコル・ハードウェアが現れる限り、それを動かすための
ソフトウェアを開発するという需要は無くならない。

81 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 21:14:15
永遠に早い者勝ちってことですね

82 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 21:31:05
IBMとか正社員1000人退職だってね。

83 :デフォルトの名無しさん:2008/12/07(日) 23:42:14
モノ自体はいくらでもコピーできる構造だから
最終的に高い付加価値を付けられるものは「ノウハウ」だというのが
この業界なのだけど、エンジニアがそういう「価値」に無頓着なので
なぜかブログだとかMLだとかで自分のノウハウまで無料提供してるのが現状

84 :デフォルトの名無しさん:2008/12/08(月) 00:04:58
どの客にも同じものを売ろうとするからコピーが問題になるわけで
顧客の要求を徹底的に細分化してしまえ、という考え方もある。

客1人あたりの負担は増えるだろうけど。

85 :デフォルトの名無しさん:2008/12/08(月) 01:32:15
株の自動売買プログラムを開発して、金儲けすれば?

あとは、Javaや.netのAPIがネイティブなOSとかどう?

86 :デフォルトの名無しさん:2008/12/08(月) 21:40:38
>>50
アメリカではもうあるよ。

金融機関がサブプライムの影響で貸し渋ってるので、条件のあう借り手と貸し手をP2Pで捜し当てるんだそうだ。

俺は相手を信用しないけどなぁ

87 :デフォルトの名無しさん:2008/12/08(月) 22:36:58
Float型をうまいこといくつか組み合わせて、精度の高い計算ができるようなライブラリを書いてほしい。
SIMDを使って高速化を図りたいため、Double型を使うのはなしでたのむ。

88 :デフォルトの名無しさん:2008/12/08(月) 23:33:48
それって、配列使った長桁計算ですか?
オブジェクト化して、演算子のオーバーロードすればいいの?

89 :,,・´∀`・,,)っ-●◎○:2008/12/08(月) 23:42:18
> SIMDを使って高速化を図りたいため、Double型を使うのはなしでたのむ。

SIMDで倍精度が扱えないとでも思ってるのか?

それでなくともテーラー展開やマクローリン展開して解くには単精度より倍精度使ったほうが速いけどね。
有効精度24ビットと53ビットじゃえらい違いだ。

90 :デフォルトの名無しさん:2008/12/09(火) 00:03:28
CELLやCudaを視野に入れて、参考になるようなものを書いてほしいんだ。
そいつらのSIMDも倍精度を扱うことはできるものの、高速な処理は望めないからよ。

91 :デフォルトの名無しさん:2008/12/10(水) 03:29:40
キャリーフラグを継ぎ足して、整数値を固定少数として使ってはいかがか。

92 :デフォルトの名無しさん:2008/12/16(火) 01:34:43
あげ

93 :デフォルトの名無しさん:2008/12/18(木) 03:48:36
なんかGPGPUで音楽の信号処理するソフトを求めている人達が居た
誰か行ってあげて

CPUではなくグラボをVSTに使う
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/dtm/1164658646/

94 :デフォルトの名無しさん:2008/12/18(木) 23:10:08
>>89
なぜ倍精度の方が速いんだ?
SIMDの要素数は1/2、
有効精度も、単精度の方が早く飽和する分
処理時間は短そうだが。

95 :デフォルトの名無しさん:2008/12/20(土) 16:10:47
単精度は数値誤差が大きい分、
単精度の範囲で収束させるには
倍精度の方が速いように思う

96 :デフォルトの名無しさん:2009/03/19(木) 16:07:15
はいはい

97 :,,・´∀`・,,)っ-●◎○:2009/03/20(金) 15:34:59
指数部のレンジが狭いのも気になるんだよね。
別途指数部を整数で管理したりするくらいなら倍精度のほうがましだろ

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)