5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Postfix(8)

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/29(土) 19:18:18
Postfixスレッド その7です。

●リンク
 本家
 http://www.postfix.org/

 Postfix のぺーじ (ドキュメントの日本語訳、MLなど)
 http://www.kobitosan.net/postfix/

過去スレ、関連スレなどは>>2-4あたり

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/29(土) 19:18:33
●前スレ
 Postfix(7)
 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/1185519673/

●関連スレ
 sendmail
 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/1094702772/

 qmailいろいろ(8)
 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/1163326021/

 Exim
 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/986398141/

 Courier-MTA
 http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/1119770156/


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/30(日) 23:34:02
おっつー

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/30(日) 23:57:14
>>前スレ998
それ必須でした。抜けてた。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 00:13:38
>>4
ありがと。やっぱamavisd-new専用かあ。残念。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 22:50:31
>>5
milterならなぁ、、って事?
content_filterじゃなくて

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 23:04:11
ヲレのDebian lennyな環境だとclamav-milterにせよspamass-milterにせよ
milterなdaemonってやたらメモリ喰っているのがかなり嫌。

spamass-milterで44MB、clamav-milterに至っては190MBって…

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/01(月) 23:45:07
メモリ喰いもイヤだけど spamassassin はなーんで Perl で書いて居るのかわからん。
C で書いてくれればもっと早くなるのになぁ…と思って見た。
あのスパム判定するときの遅延がなんか気分的に宜しくない。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 00:02:34
>>8
パターンマッチの塊だとCで書くのはかなり嫌。
あと、spamassassinはspamdで常時起動させておけば、それほど重くないと思うけどなぁ。
もちろん、メールの流量にもよるけど。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 01:01:49
amavisd-new だと spamd は使えないっぽいので…
ユーたち、どうやってるの?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 07:13:13
spamassassinってDKIMのチェックもするけど、それなのにあえてdkim-filter
入れている人って、その効果出ている? 無駄なような気がしてならないんだけど。

>>10
spamass-milterつかえば?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 10:09:02
>>11
spamass-milter使うとmaia使えないという罠
あちらを立てるとこちらが立たず

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 13:56:42
sid-milterとenmaではどっちがいい?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 14:31:27
>>13
enma で特定ネットブロックからのアクセスは検査させないようにってできる?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 14:32:50
>>14
http://enma.wiki.sourceforge.net/FAQ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/02(火) 14:46:11
>>10
Debianのetchで、amavisd-newとspamassassin入ってる。
amavisdとspamdと両方プロセス動いてるけど何か違うんだろうか?


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 00:31:35
>>10
amavisdがスキャナーとして働いてclamdやspamdを通すんだったと記憶してる。

>>11
自分が署名付ける時用に入れてる

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 23:34:50
>>17
amavisd-new は clamav は見つけて使ってくれるが
spamd は無視してるっぽい。
perl の spamassassin モジュールを使っているようなのだが、
それってspamd (のクライアントであるspamc)を使うようになっているのだろうか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/03(水) 23:57:14
ウチのamavisd-newではspamdのsyslogが出てるよ。
設定ファイル見てみたけどそれらしい設定はなかったが、、

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/04(木) 10:58:31
amavisd-new は spamassassin(コマンド)も spamd も使わずに
(perlの)Mail::SpamAssassin を直接使用しているんじゃなかろうか。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/06(土) 16:49:50
clamdの起動時に1時間以上かかるのってうちだけ?
ソケットのclamd.ctlができるまで、1時間以上CPUがまわりっぱなし。
終わったら速いんだけど、freshclamで更新?されるとまた繰り返す。
検索しても数秒で終わることが多いから、何がネックなのか良くわからない。


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/07(日) 00:40:15
>>20
たしかにそれっぽいな、、気付かんかった。
てっきりspamdに行ってるもんだと、、

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 10:08:07
Postfix+Mailmanでメーリングリストを運用していて、main.cfで

smtpd_recipient_restrictions =
permit_mynetworks
permit_sasl_authenticated
reject_unauth_destination

こんなかんじの設定を行っています。

この設定だと、メーリングリストのメンバーに別ドメインのメールアドレスが
含まれている場合に relay_domains にそのドメインを含める必要があるのですが、

・localhost からの転送ついては、 reject_unauth_destination を無視する
・それ以外のホストからの転送については、reject_unauth_destination を有効にする

ということは可能でしょうか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/12(金) 10:52:17
localhost からの転送permit_mynetworksに含まれてないっけ?

25 :23:2008/12/12(金) 13:50:34
main.cfはこんなかんじです。

# postconf -n
alias_database = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases
command_directory = /usr/sbin
config_directory = /etc/postfix
content_filter = smtp-amavis:[127.0.0.1]:10024
daemon_directory = /usr/libexec/postfix
debug_peer_level = 2
default_privs = vmail
disable_vrfy_command = yes
home_mailbox = Maildir/
html_directory = no
inet_interfaces = all
mail_owner = postfix
mailbox_transport =
mailq_path = /usr/bin/mailq.postfix
manpage_directory = /usr/share/man
message_size_limit = 10485760
mydomain = *******.**.**
myhostname = ****.*******.**.**
mynetworks = 192.168.1.0/24, 127.0.0.0/8
mynetworks_style = subnet
myorigin = $mydomain
newaliases_path = /usr/bin/newaliases.postfix
queue_directory = /var/spool/postfix
readme_directory = /usr/share/doc/postfix-2.3.3/README_FILES
relay_domains = ********.***, ***.*******.**.**,


26 :23:2008/12/12(金) 13:51:42
sample_directory = /usr/share/doc/postfix-2.3.3/samples
sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix
setgid_group = postdrop
smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown
smtpd_helo_required = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated reject_unauth_destination
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
smtpd_sasl_path = private/auth
smtpd_sasl_security_options = noanonymous
smtpd_sasl_type = dovecot
smtpd_tls_CAfile = /etc/pki/CA/cacert.pem
smtpd_tls_CApath = /etc/pki/CA
smtpd_tls_cert_file = /etc/pki/dovecot/certs/dovecot.crt
smtpd_tls_key_file = /etc/pki/dovecot/private/dovecot.pem
smtpd_use_tls = yes
transport_maps = hash:/etc/postfix/transport
unknown_local_recipient_reject_code = 550
virtual_gid_maps = static:5000
virtual_mailbox_base = /
virtual_mailbox_domains = ******.**.**
virtual_mailbox_maps = ldap:/etc/postfix/vmailbox.cf
virtual_minimum_uid = 5000
virtual_uid_maps = static:5000


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/13(土) 00:12:28
>>23
mynetworks に 127.0.0.0/8 が含まれているから、permit_mynetworks が効くので、
今のままの設定でも問題ないはず。

28 :23:2008/12/13(土) 10:18:40
>>27
ありがとうございます。

しかし、この設定で、relay_domainsに設定しないとリレーしてくれないんです・・・。
transport でいったんMailmanに渡してるからだと思うんですが、謎。

/var/log/maillog は↓こんなかんじです。

Dec 13 10:12:37 linux-test postfix/smtpd[27016]: 28C3EFF2F06:
reject: RCPT from linux-test.example.ne.jp[127.0.0.1]:
554 5.7.1 <test@hoge.hoge.ne.jp>: Relay access denied;
from=<test-bounces@ml.example.ne.jp> to=<test@hoge.hoge.ne.jp>
proto=ESMTP helo=<linux-test.example.ne.jp>

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/13(土) 14:35:47
>>28
Mailman からの戻されるSMTPの口はどうなってます?
master.cf に書かれてると思うけど。

30 :23:2008/12/13(土) 16:36:54
>>29
smtp inet n - n - - smtpd
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_recipient_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
submission inet n - n - - smtpd
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_recipient_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination
smtps inet n - n - - smtpd
-o smtpd_tls_wrappermode=yes
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_recipient_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination

こうなってましたorz
smtp/smtpsの smtpd_recipient_restrictions をコメントアウトして無事解決しました。感謝!

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 01:04:58
メールとWEBサーバを分離したいんだけど、
分離したらメールをトリガーにしてプログラム起動することってできなく
なりますよね?
何か裏ワザ的なものないでしょうか?

現在は maildrop(.mailfilter)で対応しています。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 01:09:53
>>31
web と mail server って、普通は同居してないけどな。
何がしたいのか、もう少し具体的に書いてくれないと返事のしようが無いぞ。

33 :31:2008/12/21(日) 02:56:05
ttp://www.hideblog.net/nikkis/show/14
説明不足すいません、
こんな感じで、パイプで、メール受信したらプログラム動かしたいのです。
これはローカルにパイプしてるパターンですが、
外部サーバーにパイプする方法ってあるでしょうか?



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 03:16:24
>>33
どこにwebが絡むか全然判らないんだけど

ひょっとして、PHPって物を誤解してないか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 05:38:07
>>33
スレ違い。他所へ行け
少しは勉強しろ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 10:15:07
>>33
php は言語なので、web server が必須ではない。
君が言っている URL のサイトはコマンドライン版の php を使っている。

rpm なら、php-cli というものを入れれば使える。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/21(日) 13:34:13
エラーメールとか登録確認メールとかを
Webアプリの一部機能で受け取ったら処理したいのかもしれん

でもスレ違いだから消えてください

38 :31:2008/12/22(月) 04:56:11
説明悪すぎた orz

メールトリガー(メールのパイプ)で
ローカルのプログラムではなく別サーバ(webサーバーとして通常使用)のプロプラムを操作したい、
ということです。

transport_maps でトリガーに使用したいメールアドレスだけ
別サーバに送って、という方法も考えたのですが、
これだと結局さらに別サーバ側でもpostfix入れなきゃいけないのですよね。



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 05:13:47
>>38
それ用のdaemon作りたくなくのなら、web serverにもpostfix入れとけばいいやん。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 05:25:34
>>38
だからスレ違いと言っとろうが
RPCの仕組みくらい自分で考えろボケ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 20:26:11
31と被るんだけど、
到達したメールに対して、
transport で別サーバに投げる+そのまま自サーバのmdaに投げる、
という2つを同時にしたいんだけど、
片方だけなら楽なんだが
両方を簡単にする方法教えてきぼんぬ


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 23:28:03
うちは単純に .forward でウェブサーバーにメール転送してるぞ
受信するメールが全てウェブ用トリガーじゃ無いしね
これじゃだめなの?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/22(月) 23:56:49
>>41
アドレスを変えずに、という条件が付くと簡単な方法は無い。
無いことを立証するのは難しいし、知らない奴は黙ってろと言われると凹むが、
しばらく前になんとかならないかと検討した結論は、簡単な方法は見つからなかった。

結局 recipient_bcc_maps を使ってアドレスを変えて別のサーバーに投げた。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 01:20:58
ふとパイプ試してて思ったんだが、
.forward や alias によるパイプってレンタルサーバーみたいな
複数ユーザがいる環境で使うのやばくね?

setuid してるわけじゃないから
逆に動作ユーザがpostfix指定のユーザ固定になっちゃって
そのユーザでなら何でもし放題になっちゃう

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 02:29:00
>>44
配送の権限
外部のファイルや外部コマンドへの配送は、配送がなされたものを受けとっ た
ユーザの権限で実行されます。ユーザがいない場合には、local(8) デーモンは
:include: ファイルやエイリアスデータベースの所有者の権限を使います。 こ
れ らのファイルがスーパーユーザの所有であるときは、配送は default_privs
設定パラメータで指定された権限でおこなわれます。

ということなので問題ないようになってるんじゃない。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/23(火) 07:55:51
>>41
procmail は?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/01(木) 07:09:09
postfixのログ書き出しって、syslogd経由だったのね。
ログの切り出し時に、postfix restartでイケルと思っていて、
/var/log/messageの内容3時間分くらい飛ばしてしまったぜ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 16:30:44
Postfixにて、ローカルから外部へのメール送信ができません。
グローバルアドレスの時は、/etc/mailname と /etc/postfix/main.cf の myhostname
を適時設定するだけでいけました。
どうもNAT環境下のせいか、上手くいきません・・・。
ちなみに、ローカルからローカルへは送ることができました。

ご助言いただけないでしょうか?

$ postconf -n
alias_database = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases
append_dot_mydomain = no
biff = no
config_directory = /etc/postfix
default_transport = error
inet_interfaces = loopback-only
mailbox_size_limit = 0
mydestination = (ホスト名).(FQDN), localhost.(FQDN), localhost
myhostname = localhost
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
myorigin = /etc/mailname
readme_directory = no
recipient_delimiter = +
relay_transport = error
relayhost =
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (Ubuntu)
smtpd_tls_cert_file = /etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtpd_use_tls = yes

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 16:31:35
/etc/mailname は
localhostと書いています。

/var/log/mail.log のログは以下です。

Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/pickup[23618]: 64A4116E163: uid=1000 from=<(ローカルユーザー)>
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/cleanup[23774]: 64A4116E163: message-id=<20090102072048.64A4116E163@localhost>
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 64A4116E163: from=<(ローカルユーザー)@localhost>, size=329, nrcpt=1 (queue active)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/cleanup[23774]: 6C69C16E15B: message-id=<20090102072048.64A4116E163@localhost>
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 6C69C16E15B: from=<(ローカルユーザー)@localhost>, size=449, nrcpt=1 (queue active)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/local[23776]: 64A4116E163: to=<(ローカルユーザー)@localhost>, relay=local, delay=0.06, delays=0.04/0/0/0.02, dsn=2.0.0, status=sent (forwarded as 6C69C16E15B)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 64A4116E163: removed
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/error[23777]: 6C69C16E15B: to=<(あて先)@(あて先ホスト)>, orig_to=<(ローカルユーザー)@localhost>, relay=none, delay=0.03, delays=0.01/0/0/0.01, dsn=5.0.0, status=bounced ((あて先ホスト))
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/cleanup[23774]: 7324B16E164: message-id=<20090102072048.7324B16E164@localhost>
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 7324B16E164: from=<>, size=2124, nrcpt=1 (queue active)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/cleanup[23774]: 77B4816E165: message-id=<20090102072048.7324B16E164@localhost>
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/bounce[23778]: 6C69C16E15B: sender non-delivery notification: 7324B16E164
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 6C69C16E15B: removed


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 16:32:15
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 77B4816E165: from=<>, size=2244, nrcpt=1 (queue active)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/local[23776]: 7324B16E164: to=<(ローカルユーザー)@localhost>, relay=local, delay=0.02, delays=0.02/0/0/0, dsn=2.0.0, status=sent (forwarded as 77B4816E165)
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 7324B16E164: removed
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/error[23777]: 77B4816E165: to=<(あて先)@(あて先ホスト)>, orig_to=<(ローカルユーザー)@localhost>, relay=none, delay=0.01, delays=0/0/0/0.01, dsn=5.0.0, status=bounced ((あて先ホスト))
Jan 2 16:20:48 (ホスト名) postfix/qmgr[23619]: 77B4816E165: removed

-------------おわり---------------

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 16:36:11
すいません、書き忘れました。
メールを送る時は、

$ sendmail (ローカルユーザー)@localhost
From: hoge@example.com
Subject: test test

magemo
hage
.

としています。
また、送信先のユーザーのディレクトリに、
.forwardを置いて、外部のメールアドレス(上記ログの(あて先)@(あて先ホスト))を指定しています。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/02(金) 18:11:03
>>48
# default_transport = error

53 :48:2009/01/02(金) 21:02:43
>>52
thanx!!

 default_transport = smtp

にしたら、送れたけど以下のようなエラーメールが返ってきたので、

> Diagnostic-Code: smtp; 553 5.5.4 <(ユーザー名)@localhost>... Real domain name required
> for sender address

myhostname をきちんと自分のホスト(hoge.mage.net)に設定し、
myorigin = $mydomain にしたところ、
無事におくることができました。

しかし、最初に aptitude でインストールして、
インストール中の選択肢で「ローカル向け」で設定した時に、
 default_transport = error
になっていたんですかね?(マニュアルではdefaultはsmtpのようですが)

何にせよ動いたので助かりました。
新年早々ありがとうございました

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/03(土) 00:20:53
>>53
> インストール中の選択肢で「ローカル向け」で設定した時に、
> default_transport = error
> になっていたんですかね?(マニュアルではdefaultはsmtpのようですが)

Ubuntuの親切設定だろうね。
無知な人がインターネットにクソメールを撒き散らすのを避ける目的。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/05(月) 14:15:34
recipient_bcc_maps で別のサーバに保存してあるメールを、
(「消しちゃったからもう一回送って」と言われて)ユーザーに送るとき
どうしてますか?

直接コピーしてますが、もそっとKOOLな方法ってないですか?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 14:01:44
aliases(5) の
In addition, when an alias exists for owner-name, delivery diagnostics
are directed to that address, instead of to the originator of the mes-
sage. This is typically used to direct delivery errors to the main-
tainer of a mailing list, who is in a better position to deal with
mailing list delivery problems than the originator of the undelivered
mail.
って動いてます?

test: "| false"
owner-test: fuga

で、test にメールを送ったメールがエラーになった場合、
fuga に届くという認識でいいですよね?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/08(木) 16:06:32
やってみてログを晒してくだしあ><

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 18:40:33
postfix固有の質問かどうか判断できないのですが質問させてください。
スレ違いならばどこか誘導ください。

/etc/aliasesで

 root: myuser

というようにrootのユーザーをmyuserに飛ばそうとしています。
この際に、resolve.confに
search mysubnetwork.mydomain.com
というように、search を指定している場合、

 sendmail root@localhost < mail.txt

というようにメールを送った場合、myuserにメールが送れず、ログを見ると


OS: Ubuntu 8.04(hardy)

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 18:42:50
途中で送信してしまいました roz

 sendmail root@localhost < mail.txt

というようにメールを送った場合、ローカルのmyuserにメールが送れず、ログを見ると
myuser@mysubnetwork.mydomain.com にメールを送ろうとしてて失敗しています。
searchで指定したドメイン用にはメールさばは立てていないため送れないのは当然なのですが、
localhostに送れないのが気になりました。

search 行をはずすと無事遅れました。
これはどういった現象なのでしょうか?


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 20:31:44
>>58
エイリアスの設定変更を行った後、newaliaseコマンドを実行していますか?
このコマンドを実行しないと、変更が反映されません。




61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/09(金) 20:38:20
>>58
/etc/host.conf , /etc/hosts はどうなっている?
あと、main.cf の mydestination は?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 19:54:10
質問させていただきます。
/etc/aliases にて
 root: my_user
と設定してあり、 sudo newaliases もやってあります。
しかし、以下のようにメールを送っても、
 cat ~/testmail | mail -s "mage" root@localhost
ログを見ると、my_user@(ドメイン名)にメールを送ろうとして失敗します。
しかし、上の要領で my_user に直接送ると問題なく送れるようです。
これはどういった現象でしょうか?

$ postconf -n
alias_database = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases
append_dot_mydomain = no
biff = no
config_directory = /etc/postfix
inet_interfaces = loopback-only
mailbox_size_limit = 0
mydestination = (自ホスト名).(FQDN), localhost.(FQDN), localhost
myhostname = (自ホスト名).(FQDN)
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
myorigin = $mydomain
readme_directory = no
recipient_delimiter = +
relayhost =
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (Ubuntu)
smtpd_tls_cert_file = /etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtpd_use_tls = yes


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 21:46:11
>>62
> mydestination = (自ホスト名).(FQDN), localhost.(FQDN), localhost
(自ホスト名).(FQDN)って?
> myorigin = $mydomain
も(自ホスト名).(FQDN)にしたら?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/11(日) 23:27:58
どうでもいいけど FQDN = hostname.domain_name... じゃねーの?

65 :62:2009/01/12(月) 02:43:53
>>63
試してみます!

>>64
すまそ。ドメイン名のことです。FQDNといったら、ホスト名も入りますね。



66 :62:2009/01/12(月) 18:02:43
いろいろ試しましたがどうもうまくいかなかず、泥沼になってきたので、
main.cf や /etc/aliasesをバックアップとり一旦消して、postfixを再インストールしました。

その後、こちらのサイトを見つけ、参考にしながら設定したところ、
Kozupon.com - Postfixの導入!
http://www.kozupon.com/mail/postfix.html
>>62のような現象はおきなくなりました。
前のとdiffをとったものを置いておきます。
泥沼になったり同じ失敗をせぬように、今後はいじるときはバックアップをとっておこうと思います。

おさわがせしました。ありがとうございました。

-myhostname = (自ホスト名と違うDNSに乗っているホスト名).(ドメイン名)
+myhostname = (自ホスト名と一致させたDNSのホスト名).(ドメイン名)
+mydomain = (ドメイン名)
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
-myorigin = $myhostname
myorigin = $mydomain
-mydestination = (いろいろ), localhost
+mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, $mydomain, (いろいろ) localhost
relayhost =
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
mailbox_size_limit = 0
recipient_delimiter = +
inet_interfaces = loopback-only
-#default_transport = error
-#default_transport = smtp
-#relay_transport = error
+default_transport = smtp
+relay_transport = error


67 :62:2009/01/12(月) 18:42:37
すいません。やっぱりうまくいっていませんでした orz

>>66の設定だと、root とか ユーザー名でローカルには送れるのですが、
実際に存在する同じドメインのメールアドレス (例:hage@my_domain.com )に
メールを送ろうとすると、ローカルに送ってしまいます。

前提として、今作っているのは外部から受け取ったりせず、
ローカルからメールの発信のみするメールサーバーです。
(発信のみというか、cronなどのrootのメールを外部にメールを転送したいだけなのでですが)
また、my_domain.com のメールサーバーはレンタルサーバー上に存在しており、
my_domain.com のホストの1つとして今のサーバーを配置します。(my_host.my_domain.com)

どうも、
 $mydomain = my_domain.com
にして、
mydestination に $mydomain を追加すると、
hoge@my_domain.com のようなメールアドレスには送れなくなります(かりにローカルに送ろうとする)。
なので、mydestination から $mydomain をはずすと、今度は、
rootやmy_user(ローカルのユーザー)に送ろうとすると、root@my_domain.comや、my_user@my_domain.com
に送ろうとして(実在しないので)失敗します。
ただし、my_user@localhost と書くと成功するのですが、root@localhostと書くと、
/etc/aliases で root: my_user としているため、my_user@my_domain.comに送ろうとして失敗します。

やりたいことは、root や ローカルユーザー名だとローカルに送り、
hoge@my_domain.com など全部指定すると外部のメールサーバーに送ってくれることなのですが、
どうしたらよいでしょうか?
大分動作が理解できてきたのですが、根本的なところを理解できていない気がします。

もう一度 postconf -dを書きます。


68 :62:2009/01/12(月) 18:46:42
$ s postconf -n
alias_database = hash:/etc/aliases
alias_maps = hash:/etc/aliases
append_dot_mydomain = no
biff = no
config_directory = /etc/postfix
default_transport = smtp
inet_interfaces = loopback-only
mailbox_size_limit = 0
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
mydomain = my_domain.com
myhostname = my_host.my_domain.com
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
myorigin = $mydomain
readme_directory = no
recipient_delimiter = +
relay_transport = error
relayhost =
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (Ubuntu)
smtpd_tls_cert_file = /etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtpd_use_tls = yes
----------

69 :62:2009/01/12(月) 19:02:32
実は >>63 さんのいうとおりの解決方法で解決するかと思い
 myorigin = $myhostname
にすれば、rootやmy_userに送ったものが、
root@myhost.my_domain.com、my_user@myhost.my_domain.com に送られ、
また、/etc/aliasesで設定したように root から my_user@myhost.my_domain.com に飛ばされても、
myhost.my_domain.com はローカル扱いなので一旦ローカルに送られ、
万事解決かと思ったのですが、
外部のメールアドレスに送った場合うまく遅れないメールアドレスがあり困っています。

例えば、hoge@other_domain.com には
 Message accepted for delivery
とログでいわれ、送ることができるのですが、
hage@my_domain.comに送ると、
 deferred (host mail.my_domain[xx.xxx.xxx.xxx] said: 451 DNS temporary failure (#4.3.0) (in reply to MAIL FROM command))
とログでいわれ、届きません orz
DNS上に見つからない、ということでしょうか?うーん。DNSには自ホストは設定してあるんだけどなあ。




70 :62:2009/01/12(月) 19:51:13
何度もすいません。

> 451 DNS temporary failure (#4.3.0)
で蹴られる件ですが、相手のメールサーバーがXREAの場合に起こるようです。
他のメールアドレス(メールサーバーがさくらインターネットやgmailなど)では問題ありませんでした。
こういうことはあるものなんでしょうか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 19:54:11
二転三転しててどうにもなんだけど
ドメインはとりあえず example.com とか example1.com なんかにしておいた方が見やすい。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 20:39:14
>>70
lame delegationなんでは

73 :62:2009/01/12(月) 23:47:07
スマン。なんとなくわかってきた。
Value DomainのDNSにメール送信元のホストは登録してあったんだけど、
今気づいたんだけど逆引き設定してない \(^o^)/
というかValue DomainってPTRレコード設定できないみたい orz
↓ここみたら、XREAは逆引きできないと弾くみたい。
XREA⇔XREA-XREA/Value-Domain/AccessAnalyzer/総合公認サポートサイト-
http://xrea.xreaxrea.com/merr.html

しかし、なんでこんな簡単なことに気づかなかったんだろう・・・
明日ネットワーク管理者に逆引き設定してもらいます。

これで解決したら俺相当のアフォだ・・・

>>71
わかりにくくてすいません。
my_domain.com がメールを外部に送ろうとしている自鯖で、
other_domain.com は全く別のドメインのつもりで書きました

>>72
ぐぐってみたのですが違うキガス・・・

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/13(火) 01:10:25
レジストラ提供の動的DNSサーバにPTRレコードを設定とか思いつく時点でアホ認定

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 03:03:01
>>74
すいませんすいません。
ふつーは、IP配ってるところの配下のDNSで設定する門ですよね

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 04:03:57
>>75
なので、今はDDNSなサイトでメールの送受信は出来ないとものと考えたほうがいい。
やりたきゃ金がかかろうが固定IP取得。それが嫌ならGoogle Apps等を利用。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 10:52:05
固定IPサービスでも逆引き設定しない所もあるのでご利用は計画的に

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/14(水) 11:12:52
>>77
ISP のタケーサービス使わん限り逆引きしたら ISP のホスト名が出てくるっしょ
一応 SPF でもソフトフェイルでかいときゃいいんでね?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/22(木) 06:56:46
ネットワーク管理者に逆引き設定してもらいました。
お前ら、サンクスでした。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 00:26:28
>>76
なにが「なので、」なのかわからない。
なんでDDNSなサイトで送受信はできない、という話になるのか。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 01:53:22
正引きと逆引きが一致しないと受け取らない、という腐ったサーバが増えてるからかな?カナカナ?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 02:37:09
逆引きができないホストを蹴ることはあっても
正引きと逆引きが合わない程度で蹴るなんてアホだろ

逆引き結果をさらに引いて合わないならわからんでもないが

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 08:22:30
というか、何に対していきなり正引きを適用すると想像してるのかわからんですね。
HELOでやったらメール送れなくなるMUA多発するだろうし。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/23(金) 09:29:13
MUAから直接受信?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 13:59:34
>>82
> 正引きと逆引きが合わない程度で蹴るなんてアホだろ

これやったら、Web&Mailのレンタルサーバ(雑居鯖)を使っているところはほとんどアウトだよね。
おれんちは固定IPだが、逆引きするとISPのアドレス返すからアウトだわ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 14:55:32
>>84
送るときに蹴られるという話の流れ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 17:04:50
SMTPサーバーを保護する「Artica-postfix」
http://www.artica.fr/

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 21:44:35
>>86
あの流れで「MUA」を挙げてきた理由がわからんのだけど

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 23:02:44
MTAはMUAが繋ぎに来たのかMTAが繋ぎに来たのか区別できるとでも?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 23:22:47
このご時世に外部のMUAから接続?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/27(火) 23:34:41
だなあ。
日本の大手ISPはほとんどみなOP25Bだし。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 00:31:08
MPA

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 18:59:11
ヘッダが生JISなメールを見たので拒否してやりたいと思うんだが、正規表現で16進が使えないのな。
$も末尾の意味にしか使えないっぽいし。

・拒否する設定が組み込まれてるので簡単に指定できる
・btreeか何かで設定すればいい
とかだといいんだけど何かある?


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 23:03:41
拒否する意味あるの?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/28(水) 23:42:12
\$ でええんちゃう?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:02:43
>>94
「ヘッダに生JISはまずい」ってのはみたけど、拒否すべきかどうかは不明。
一部のspamが送ってきてるし、普通はエンコードしてあるから拒否してみようかと。

>>95
それは引っかからなかった。
man grepしても言及されてないし、今のところ$という文字を引っ掛ける方法は不明。
ちなみに、$Bだけで引っ掛けるとQuotedPrintableなJISが拒否されるみたい。
Outlookの初期設定で、サイズみてBかQか判定してるとか。
なので0x1B2442の3バイトは最低必要


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 10:48:19
>>96
> man grepしても言及されてないし、今のところ$という文字を引っ掛ける方法は不明。
(゚Д゚)ハァ?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 13:32:17
> 拒否すべきかどうかは不明。

を拒否しようって言う人なんだから
レスでコミュニケーションをとる努力をするのも無駄だね

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 14:35:56
人の話を聞かない理解できないアホは触らずスルー

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/29(木) 18:15:42
>>97
煽るくらいなら教えてw
\$で拒否できなかったし、grepでも引っかからなかった。

>>98
不明って言うか、根拠がわかってない状態。
「まずい」って話は見たんだけど、具体的にどうまずいかって言うと
「アドレスがきちんと処理できない場合がある」くらいだった。
個人的に一番まずいのは、某メールサーバのログを見たときに化けて困るあたり。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 07:25:03
OP25B回避のためにPostfixでrelayhostをプロバイダー提供のSMTPサーバに設定しています。
うまく設定できているかいろいろテストしていたら
送信者に設定されたアドレスのドメイン名がDNSで引けない場合と
送信先に設定されたアドレスのドメイン名がDNSで引けない場合に
プロバイダーのメールサーバーに接続を拒否されてエラーになる事がわかりました。
その場合プロバイダーのサーバーからのエラーメールはなく
/var/log/maillogにはRecipient address rejected: Domain not foundやSender address rejectedが
残っているのですが、ログを確認しないと一見正常に送信出来たように見えてしまうので
転送時にエラーが出たらPostfixから送信者にエラーメールを返すように設定出来ないでしょうか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/30(金) 10:06:51
>>100
pcre使ってへんの?

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 13:57:49
>>102
regexpしかやってなかったです。
Debianなので、postfix-pcreをインストール。
regexpのところをpcreにしたら引っかかるようになりました。
header_checksに追加したのはこれです。
/.*\x1B\x24\x42.*\x1B\x28\x42.*/ REJECT
今のところ、spamらしきのが数通かかってます。
正当なメールが引っかかるならそのときに考えます。
さんくす。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 14:57:54
Debian(笑)

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/02(月) 18:02:05
その後調べたところ、
strict_7bit_headersというオプションを発見。
そしてこんなFAQも。
ttp://www.postfix-jp.info/origdocs/kylesfaq.html#ubestr7
やるならこの方がいいのかも。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/03(火) 01:24:48
メールスプールにcyrus-imapdを使ってる場合、
strict_7bit_headers有効にしないと
ときどきsubjectがXXXXXXになってびっくりする。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 13:14:20
凄い初心者的な質問で申し訳ないのですが・・・

複数Serverにそれぞれpostfixを導入し、syslogに動作ログを出力させています。
その際にsyslogの内容を確認すると、[ID ******* mail.info]という記載があるServerと
無いServerが存在します。

また同じようにJan 31 14:03:31 test postfix/qmgr[29573]: C0D6C364122: removedという
キュー削除の記載もあるものとないものが・・・

これらは何かの設定によりsyslog出力されたりしなかったりするのでしょうか?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 13:18:59
>その際にsyslogの内容を確認すると、[ID ******* mail.info]という記載があるServerと

あるのは Solaris、ないのはそれ以外。

>また同じようにJan 31 14:03:31 test postfix/qmgr[29573]: C0D6C364122: removedという

あるのは最近の postfix、ないのはクソ古い postfix。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/13(金) 14:18:10
>>108
ありがとうございましたー!
参考にさせて頂きます!

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 15:59:49
spam対策に受信時のSPFチェックを組み込んでみようかと思うのですが、
お薦めor主流の実装はどんなもんでしょう。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 17:18:30
SPFって効くの?
ライセンス契約云々で最初から考えてなかった。

うちはtarpittingとpostgreyが効いてる。遅延は今のところ問題なし。
不正なHELOを拒否しようかと思ったけど、大口顧客が引っかかったのであわてて警告ログにとどめた。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 17:34:29
>>110
spamass-milterに全部お任せしちゃうのが一番楽

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 17:52:07
spamass ってスパムのケツの穴?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 18:34:53
>>112
spamassって結局SAだからおせえだろ。
そんだけ余裕のあるメールサーバならいいだろうけども。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 19:43:50
>>114
メールの流量、サーバの能力にもよるけど、100人規模ならXeon 2GHz、1GB
くらいのちょっと昔のマシンでもspamass-milter -> spamd で無問題。
スコアが高いものはSMTP段階でconnection closeとかできる。

ついでにclamd-milter -> clamdでウイルススキャンをやっても無問題。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 23:18:05
content_filter って複数回起動出来ないのか…
ローカルの別portにプロセス立ててそこでやりとりすればいいのはわかるけどマンドクセ。
smtpd のみで起爆するのが問題なのはわかったけど他はどれが安全なんだろ。
smtp で起爆させたって事例みつからないし。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 23:18:54
content_filter って複数回起動出来ないのか…
ローカルの別portにプロセス立ててそこでやりとりすればいいのはわかるけどマンドクセ。
smtpd のみで起爆するのが問題なのはわかったけど他はどれが安全なんだろ。
smtp で起爆させたって事例みつからないし。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/26(木) 23:37:42
>>117
milterじゃダメなの?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 15:33:42
PGP暗号化されて無いメールが来たら受信拒否&公開鍵添付で「この鍵で暗号化し
て送りなおしてね」って自動返信。

、、、ということがpostfixで可能ですか?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 17:13:52
>>119
それはMDAの仕事だからpostfixはあんまり関係ないんじゃない?
受信拒否というのが smtpd のレベルで蹴り飛ばすなら別だけど、
それを実装するのは結構大変そうだな

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 17:40:26
あー言われてみればそうですね。procmailなりscmailで処理すべきですね。
アドヴァイスありがとうございます。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 19:55:36
送信者偽装の spam に対してまで自動応答するのはやめてもらいたい

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 20:31:47
知るかヴォケ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 21:20:29
じゃあSPFの厳密解釈+MXレコードの引けなかったドメインには4xxを返すってことで


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/03(火) 23:50:49
SPFでまともな対策ができると思ってるの?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 11:41:13
home_mailbox = Maildir/ に変更し、ホームディレクトリのもMaildirを作ったのに
受信メールが /var/mail/ユーザー名に保存されてしまいます

何が原因でしょうか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 12:25:06
reloadしたのかよ?

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 14:01:41
したけど無理でした

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 15:49:11
local_transport が local(8) ではなく、procmail とか maildrop とかに
変更されてるクソ linux ディストリがあるらしい。
その場合>>126のような現象が起きる。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:15:00
>>129
どうやって直せばいいですか?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:18:49
postconf -n を実行したところ

mailbox_command = procmail -a "$EXTENSION"

これが原因なんですかね

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 17:32:27
ああ、local_transport じゃなくてそっちだったか。
それを消せばちゃんと maildir に配送されるはず。


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 22:59:19
厨房御用達のVineがそんな糞仕様だった希ガス

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 00:07:55
確かDebianもデフォではprocmailを使うはず

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 01:32:57
procmailはねえだろ。
って、近頃はマシなものになってるのかねえ。
数年前にソース読んだときにはガックリきて、即、使うのやめたが。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 02:04:50
直接postfixの話ではないのですが、
postfixをrootでない一般ユーザーから再起動する方法はないでしょうか?
/etc/ini.d/posfixにsetuidしても駄目でした。

一般ユーザーで動かしてるwebアプリの管理画面から再起動させたいのですが。

137 :136:2009/03/06(金) 02:30:08
すんません、sudoでスクリプト限定して実行させることができました・・・


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 03:32:30
>>135
いや、まったくマシになっていない。例によって例のごとくのbad know-howの固まり。

>>136
それはやばすぎ…と思ったら、137でまともな方法を取ったのですな。

139 :126:2009/03/06(金) 10:21:50
問題解決することができました
ご協力ありがとうございました

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 11:47:09
>>134
いや、そんなことはない。
だいぶ前のDebianでMaildirにしたくて
わざわざprocmailで配信するようにした
記憶がある。恥ずかしい過去だ。

そんな私も、今ではdovecotのdeliverを
使ってsieveで振り分けできるようになり
ました。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:11:49
またまた教えてください orz
Posrfixではないのですがつながりがありそうなので

サーバー機はdebianを使っていましてsquirrelmailのメニューが日本語になりません

・dpkg-reconfigure localesでlocaleをja_JP-EUCに設定しています
・squirrelmail configureでdefault language:ja_JP default Charset:iso-2022-jpに設定しています
・squirrelmail-localesインストール済み

debianだとsquirrelmail.poをコンパイルしなくても
これでいけると聞いたのですがうまくいきません何が考えられますか?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:38:52
>>141
スレ違いだからよそへ行けば

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 17:55:10
>>141
どうしてそれがPostfixに関係あると思える脳をしているんだか、お前の脳を
解剖して調べてみたい。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 20:30:36
全然関係無い無い無い無い

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 20:38:18
そのdebianマシンをケーブル引きちぎって窓から投げ捨てろ。それで万事解決。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 14:24:50
ケーブルは手順どおりに外せばいいよ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 19:50:45
postfix のドキュメントに、ズバリ
「postfix にサブミッションポートを開けるにはこうしろ」
「postfix で msa するにはこうしろ」
という説明を見つけられないんだけど、そういうもんですか?

やり方自体はググればなんとなく分かるわけなんだけども
裏がとれないというかなんか根本的な知識がない可能性大という感じなので
ズバッと教えろ、いや教えてくださいm(__)m

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 20:05:08
master.cf にはじめっからコメントアウトされて入ってる内容じゃ不満ですか。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 20:18:36
>>148
そうです不満に思ってしまったのです。不満というか不審というか。言ってよ!みたいな
master の役目を考えれば自明だろ的なハナシなのかな。。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 20:32:26
日本以外では OP25B はあんまりやってないから、
submission 用のポートを独立して開ける必要性ってのもあんまりなくて
そういうドキュメントの需要も低いんじゃね?

sasl まわりとか、TLS が必須/任意/なしとか、PbS ありなしとか、
認証まわりのポリシーはサイトによって大きく異なるから、
コレで決まり!という定番設定なんてものは存在しないというのもあるだろう。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 21:47:35
所詮submissionは既存機能の組み合わせなので、
インターネットメールの仕組みを理解していれば設定できる。
逆に、理解できてないやつはメールサーバ触るな。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 16:27:02
targreyを導入してみようと調整中です。
postgreyのdelayを幾つにしようか迷っています。
ググってみるとdelay=3600という方や、delay=1800って方もいらっしゃるようです。
今は3600にしていますが、このdelayを短くすると排除率が下がるのでしょうか?
排除率を高めるよりは、必要なメールを救いたいので、少し短くしようかと思うのですが、加減が分かりません。
ちなみにtarpit=125、retry-count=2で設定しています。
tarpit=125にしたのは、
http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/20070703/p1
を参考にしました。
delayの数値について、色々なご意見をいただけたら幸いです。
スレ違いでしたら、ご容赦を。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 16:50:40
>>152
一般のMTAがどれくらいの再送間隔なのかっていう話は理解できるか?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 17:40:02
>>153
ありがとうございます。
そこを失念していました。
RFC2821に30分以上間隔を置くことってありました。
http://www.puni.net/~mimori/rfc/rfc2821b.txt

それでは1800未満には意味がなさそうですね。
目安にします。
ありがとうございました。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/18(水) 21:15:29
>>154
それが意外に30分以内に再送するやつも多いんだよね。
greylist導入した後のログ解析してみると判るけど。
実際の所、10分くらい後とかが実用的かも。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 02:19:53
Grey て仕組みというか発想はいいんだけど遅延したからって
バカみたいに連投するやつおるから困る。

そんな俺は Queue に貯まったら速攻押し出してるだめな人。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 02:20:51
あはは

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 10:36:00
いつの間にかリアルタイム性が必要となってきたからねぇ
携帯メールは色々な意味で想定外

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 11:30:05
確かにリアルタイム性を要求されることも増えてきました。
>>155さんのアドバイスを参考に、とりあえずdelay=600にしました。
後はログを見ながら微調整します。
spam判定は後段でフィルターを入れて通過したメールに対応することにします。
周りに相談出来る人が居ないので、ここで話を伺えたことがとても嬉しかったです。
皆様、貴重なご意見をありがとうございました。
これから後段の設定に移ります。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 18:25:49
組織的に
「メールを送信してから組織外に出ていくまで、誤送信を取り返せるように敢えて約30分間の遅延時間を設けています」
とか言っちゃうのがいいのかもね

電子メールが即時届くと思ってるやつとかもう阿呆かと馬鹿かと・・・


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 21:10:08
メールを出した直後、「読んだ?」と携帯に電話を入れてくるやつとかね…

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 22:14:25
まあ時代の流れだねえ。
メール届くのに1分くらい掛るんだけど、とか問い合わせもらったことあるよ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/23(月) 14:56:10
virtualなメールにprocmail使うには
/etc 以下に procmailrc 書かないといけないらしい

procmailrcで, $HOMEがある文字列(ユーザー名)を含むなら
$HOME/.prcmailrcを(includeして?)実行しろ

という記述はできないのでしょうか


54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)